フリーランスのお仕事

【推奨】潜在プロ人材の活用で、新たな働き方を創出

副業から複業へ。

アフターコロナで働き方に変化が起きています。

株式会社Piece to Peaceが発表したデータによると、副業や複業、独立願望のある潜在プロ人材は約300万人。

今回は、プロ契約サービス「キャリーミー」の会員数1万人突破の情報をお届けしたいと思います。

「複業・副業・独立」へ向けてチャレンジ

株式会社Piece to Peace

2020年にCovid-19 が世界的に流行し、テレワークが普及。

これによって、時間や場所にとらわれない新たな働き方が主流になりつつあるのです。

キャリーミーで行われた調査によると、独立願望のある潜在プロ人材は約300万人で、このうちCovid-19によって独立意欲が増したと回答しています。

  • 時間や場所に制限されない働き方
  • 会社に依存せず、個人で業務を行える

複業のメリットは、自分のスキルを最短で最大限活用し、さらに多くのことを吸収できること。

1社だけでは考え方や方法、スキルに偏りが出ることでも、いろんな視野からチャレンジできる思考を学べます。

1日でも早く、この働き方が浸透するといいね。

「キャリーミー」が提案する働き方

株式会社Piece to Peace

不安定な雇用状況が続く中で、「複業」を提案。

これは複数のプロジェクト全てに高いコミットで関わることで、複数社から報酬を得る働き方です。

この考え方を現実に行うのは、仕事とプライベートのバランスを考えることが大切ですが、意外に慣れてしまえば楽しいと思います。

いろんなプロジェクトに参画できるので、スキルをアップさせるのには最短の方法。

キャリーミーで提供しているサービスの「プロ契約」では、マーケティングや広報PRを中心に、時間ではなく業務や成果に対してコミットするプロ人材と、専門スキルを必要としている企業をマッチング。

現在、マーケティングや広報PR領域を中心に、プロに特化したマッチングサービスにも関わらず1万名以上のプロ人材が登録しています。

Covid-19の影響で1年間の登録数4,000名増

株式会社Piece to Peace

プロ人材を求める企業が、年々増加。

特に2020年は経営状況が読めないため、正社員ではなく業務委託契約で即戦力となるプロ人材を希望する企業が増えているのです。

現時点での課題

  • 安定収入への不安
  • セーフティネットが整っていない不安

株式会社Piece to Peace

今後は安心してプロ人材が複業に取り組めるよう、案件の紹介や福利厚生、収入補償、スキルアップ、コミュニティ形成、キャリア支援を実現していく方針。

2020年8月には、スキルアップの機会を創出するためパーソルテンプスタッフ株式会社と協業し、プロ人材と派遣社員のセットで企業支援を行う「師弟採用」をスタートさせています。

またフリーランスに特化した金融支援サービス『FREENANCE(フリーナンス)byGMO』を提供するGMOクリエイターズネットワーク株式会社とも提携。

これによって、プロ人材の資金繰りや補償をサポートする体制を整えています。

  • 2021年3月時点で、プロ人材の登録者数は10,000人超、登録法人企業は1000社。
「株式会社Piece to Peace」MEMO

代表者 : 代表取締役社長 大澤亮
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-40ペガサス青山510号室
設立  : 2009年9月
資本金 : 2億2160万円(資本準備金含む)
事業内容:プロ契約マッチングサービス CARRY ME https://carryme.jp

まとめ

Photo by Maria Stewart on Unsplash

この働き方が完全に浸透するには、まだ時間がかかりそうですが、少しずつでも新しい働き方として定着することを願いたいと思うのです。

いろんなプロジェクトに参画できる環境で、それが主流になる働き方こそ個人の力が発揮できるはず。

新しい働き方のひとつとして、考えてみてはいかがでしょうか。

error: Content is protected !!