おすすめのイベントも配信中です

フリーランスや副業で稼ぎたいなら、テックキャンプという選択

フリーランスという言葉はよく聞くのですが、いったいどんな意味を持っているのでしょうか。

企業や組織に属さず、自分の好きなことで仕事ができるメリットがあります。

ただし、会社に所属することで守られることもあるので、フリーランスになるにはある程度の専門知識やスキルが必要になってくるのです。

今回は、未経験からプログラミングの世界へチャレンジできるテックキャンプの情報をお届けしたいと思います。

 TECH::EXPERT

テックキャンプを運営している会社

テックキャンプを運営しているのは、株式会社div。

divは人生を変える機会をつくる会社です。事業を通じて、技術と心を磨く機会を提供することで、すべての人が幸せに生きる世界をつくります。(公式ホームページからの引用)
もっと詳しく、この会社のことを知りたいなら、採用情報を読んでいただけるとわかります。

 採用情報・公式ホームページ 

これから未経験の分野にチャレンジするなら、サービスを運営している会社のことを、知っておいた方が良いと思うのです。

未経験だから、いろんな不安があるはず

テックキャンプでは、誰もが自分の技術で稼げるように教育プログラムが考えられています。

さらに徹底したサポートも充実しているので、確実に技術を身につけて、即戦力となる実務レベルのエンジニアを育てることを目標にできるのです。

プログラムの内容とは

  • 設計から開発、インフラ構築、運用まで学ぶことができる
  • フロントからサーバーまでの全レイヤーのスキルを身につけることができる
  • コードレビューなど実務とほぼ同じ環境を経験することができる
  • 1人でゼロからサービス公開まで可能になる

このプログラムは、有名な企業のエンジニアにヒアリングを重ね、1年かけて創り上げられたプログラム。
だからこそ、実務レベルの即戦力エンジニアが誕生しているのですね。

プログラミングで使用する用語の意味

HTML/CSS、コーディング方法(haml/sass)、JavaScriptを学びます。また操作性の高い、画面の構築方法を身につけます。
Ruby on Railsを用いたWebサイト開発、オブジェクト指向、テスト駆動開発、デザインパターンなどを学びます
Webサービスをゼロから作るために、必要なデータベースやプログラム、サービス仕様を設計する方法を学びます。
実際に利用する企業が非常に多いAWSを活用し、サーバーを構築しアプリを公開して、インフラの知識を深めます。
GitHubを使ったソースコード管理など、エンジニアにとって必須な運用スキルを身につけます。
データベースを構築し、効率よくデータを保存・取得・更新するための技術を身につけます。

 TECH::EXPERT

現場で求められるエンジニアに求めらるスキルを網羅

テックキャンプでは、実際の現場と同じ進め方で開発が経験できるのが強み。

実務と同じ環境で開発の経験を積むことができるので、未経験でも転職に成功しています。

さらに最終的な課題では、ゼロからアプリケーションを作成し、自分で構築したサーバーを用いてリリースまで行っているのです。

この全ての工程を学ぶ意味は、実際の業務ではアプリケーションのどの部分を担当するか、分からないから。

自分が担当できることが一通り経験できるのも、テックキャンプで学びたくなるポイントとなっています。

大切なことは、スキルを相手に伝えられること。

実践的な面接の対策や仕事をどのように取っていくのか、テックキャンプではスキルの見せ方や面接の対策まで支援してくれますよ。

テックキャンプでの学習方法

テックキャンプでは、オンラインですべてのプログラムを完結し、プロのエンジニアになることができます。

これなら、新型コロナウイルスの影響も受けず、学びたいことを自宅でチャレンジできる環境なのです。

また、いつでも質問できる環境があり、マンツーマンでのサポート体制も充実しています。

そのためオンラインでも挫折することが少なく、学習を継続していくことができるのです。

学習方法は、ライフスタイルに合わせることができる

時間をあまりかけずにエンジニアを目指したい方は、短期集中スタイルがおすすめ。

  • 平日に約12時間学習し、わずか10週間でプロのスキルを身につけます。

平日は教室で学び、土日のみオンライン学習のスタイルです。

このプログラムで学ぶと、約10週間でゼロからハイレベルなWebサービスの開発ができるようになります。

その他に、無理なく確実にエンジニアになりたい方や就業中の方向けには、夜間・休日スタイルで学ぶことができますよ。

  • 平日/日曜日:13時間
  • 土曜日/10時間
  • 1週間の合計学習時間:23時間

このプログラムでは、夜間と週に2日教室を利用することができ、オンラインと教室での学習をバランスよく学ぶことができるスタイル。

土曜日を1日必須の学習時間として確保すれば、半年で必要な学習を終了できます。

そのためモチベーションを保ちつつ、学び続けることができるのです。

どのプログラムも、定員に限りがあるため早めに応募してみて下さいね。

 TECH::EXPERT

テックキャンプで学習するために必要なもの

  • Macコンピュータ
  • Wi-Fi環境
  • イヤホン(マイク付きが推奨されています。)

Macのコンピュータは、MacBook Air、MacBook Pro、iMacのいずれかになります。

最新のOSにアップデートが済んでいる必要があるので、不安な方は受講する前に相談してみて下さいね。

またMacの推奨されているスペックは、できれば最新版のOSで、メモリ8GB以上、SSD128GB以上、2016年以降に発売されたモデルです。

  • 残念ながらWindowsPCでの受講はできません。

これは就職先の企業でも、Macを利用する企業がほとんどであるため。

テックキャンプでは、Macを使用し学習を進めていくため、購入するかテックキャンプで紹介している「MacBook Air13インチ」をレンタルを利用する方法もありますよ。

注意
  • PCレンタル料金は、割引や全額返金の対象外となっています。

自宅でインターネットに接続する環境構築によるサポートは、残念ながらありません。

そのため、自分で用意する必要があります。

テックキャンプと他のプログラミングスクールとの比較

テックキャンプでは、すべての過程を終了する時間が、最短の10週間。

さらに学習内容が600時間となっているので、最短で多くのことを学べる環境になっています。

また他のプログラミングスクールでは、サポート体制に回数制限があるのですが、テックキャンプでは無制限。

何回でも相談できるのは嬉しいですね。

相談できる時間も平日10~22時、土日11~22時となり、仕事をしながら学ぶ人にとっても質問しやすい環境が整っているのも魅力的なのです。

もし、学習の期間内に終了しなかった場合には、テックキャンプで定められた料金や手続きによって、学習期間を延長することができます。

希望する方は、受講開始後に担当のライフコーチに相談してみて下さいね。

気になる年齢や条件のこと

テクキャンプでは、未経験でのエンジニア転職を応援しています。

受講する方の90%は未経験者で、学習や進捗管理、転職までを細かくサポートしてもらえるのが強みなのです。

30歳を超えていても利用することができますが、転職のハードルはやや上がるとか。

そのため、他のスクールでは受け入れをしていないこともあります。

テックキャンプでは、この点についてはプログラミングの教育に自信があるため、30歳を超えていても学ぶことができるのです。

ただし40歳以上や日本語の読み書きが困難で就業に支障が出る場合には、就職支援を利用できない場合もあります。

  • 20歳未満の未成年でも、受講することができます。
  • 海外からの受講はできません。
  • 受講期間中に日本に在住している方のみが、受講できるシステムです。

TECH::CAMPの即戦力エンジニア養成プログラム【TECH::EXPERT】

東京以外の地域で就職を希望する場合に、転職支援はどうなるの

テックキャンプで紹介している企業は、主に東京中心となっています。

東京以外の勤務地で就職を希望する場合には、原則的に自分で求人を探すことが必要です。

履歴書や面接のサポートなどについては可能となっているので、相談できますよ。
注意
  • 東京以外の勤務地を希望する場合には、転職保証制度の対象外となります。

いかがでしたか。

プログラミングを未経験からスタートしてみたいなら、ひとつの選択肢としてスクールで学ぶという方法がありますよ。

少しでも早く確実にプログラミングを身につけたいなら、テックキャンプ。

相談は無料となっているので、自分に合った方法をプロに提案してもらえば、きっと悩みが解決できそうな気がします。

 TECH::EXPERT