おすすめのイベントも配信中です

ロイヤルインドレストランで!話題のポケトークを実際に使用してみた結果どうなの

ポケトークを実際に使用してみて…

今回は電車で移動です。

ポケトークを使用したのは、「ロイヤルインドレストラン」。

スライドショーには JavaScript が必要です。

開店してからすぐの来店でしたが、帰る頃には真っ暗に。

このお店は、ツーリングで何度か訪れたことのあるレストランで、お気に入りポイントは、本格的なインド料理が楽しめるところ。

特にカレーとナンのコンビは、おすすめ!なのです。

今回注文したのはチーズ入りナンのセットでデザートつき。

 

インドは多言語国家で、公用語がヒンディー語となり英語は補助公用語として使用されている国。

なんと主要なものだけでも、15言語もあるそうです…

ポケトークで対応しているのは、英語(インド)、ヒンディー語、ウルドゥー語、ベンガル語、グジャラート語。

アッサム州と言われるところではアッサム語が使用されていますが、こちらには対応していませんでした。

インドと一言でいっても、かなり奥深い言語の国なのです。

 

もし日本から旅行に訪れるなら、どの言語が使用されているのかしっかりリサーチしてからポケトークを活用することが必要ですね。

今回は、訪れたレストランで使用させていただきましたが、日本語の吹き込みがしっかりしていないと、違う文章で誤変換することがわかりました。

突然の訪問にも関わらず、快く対応していただき感謝です。

ポケトークを使用して翻訳してもらった結果

  • 先日、那須のお店を訪れました。
  • 実際に訳されたのは、先日、夏のお店を訪れました。

風邪を少しひいていたせいか滑舌が悪く、「那須→夏」とポケトークが誤変換をしてしまいました。

でも翻訳のスゴイと思ったポイントは、日本語の「おじゃまさせてもらいました」という日本語を「visited」で表現してくれたことです。

でもそもそも質問したいことが、予期せぬ言葉で伝わっては、誤解のもと。

コミュニケーションをとることの難しさを、改めて感じさせられたのでした。

それでも会話を楽しみたい!という目的のために使いこなすことができたら、ポケトークは最強なアイテムだと思います。

ただしそのためには、「事前のリサーチとノンバーバルでのコミュニケーションの大切さ、誤解を生じたときの対処方法」まで知っておくことも重要なのです。

とても良い勉強をさせていただきました。

今回利用したお店情報「ロイヤルインドレストラン」

インドから取り寄せた独自のスパイスが入っているので、汗がじわっと出てくる程よい辛さ。お店の人も優しいです。

日本語でもOK!風邪をひいていましたが、このカレーを食べれば少しよくなった気がします。美肌効果もありそう。

お腹いっぱい食べたい方に、おすすめのレストランです。

シェフはインドの方なので、英語力を試したい方にもおすすめ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ランチはお得!ナンが無料でおかわりできますよ。辛さが選べるのも嬉しいお店です。

MEMO

 ツーリングでおすすめなのは、「那須塩原店」!

ロイヤルインドレストランの隣に話題の「ワークマンプラス」で買い物ができるのは嬉しいポイント。

さらに国道を直進して、次の交差点の手前に100円ショップとガソリンスタンドがありますよ。

ツーリングの途中の休憩や給油もできる、便利な立地となっています。

栃木県那須塩原市西三島3-183-35

営業時間:ランチ11:00~14:30 / ディナー17:00~22:00

TEL:0287-46-5838

 千葉を訪れたなら、国道409号線にある「八街店」!

国道409号線沿いにあるので、夕方以降は混むことも…ローカルな道なので千葉名産のピーナッツをお土産に購入できます。

ぜひ観光に訪れてみてはいかがでしょうか。

八街市文違301-138(旧ふらんす屋)

営業時間:ランチ11:00~14:30 / ディナー17:00~22:00

TEL:043-308-4816

どちらの店舗も駐車場完備です。勾配もないので、愛車を倒す心配も不要となっています。

ちょっとポケトークで遊んでみると…

「行ってきます」と話すと「I’m going」なのですが、「いってきまーす」にしてみると「Drop Mars」になったりします。

変な英語ポケトークシリーズなど、試してみるのも面白いかもしれません。

他の翻訳機をリサーチしてみた独自の感想

言語数については翻訳機によってことなるのですが、バージョンアップできる機能がついていれば購入時にまよう点ではないと思います。

主要な国で使用するための言語数は、限られているので自分の良く訪れる国がわかっているなら、その国の言語から翻訳機を選ぶという方法もひとつですね。

価格帯は2~3万ほどで、ほぼいろんな機種を選ぶことができる気がします。

これよりも予算を下げると、言語数、双方向であるか、軽さ、バージョンアップ機能の有無などを見て購入を検討してみるのも良いと思います。

その他に翻訳機を選ぶとすれば、大きさや軽さも、極端に重く大きい機種も無さそうなので、あとはカラーと好みの形状となりそうです。

もっとこうなると嬉しい!ポケトーク
  • 写真で撮影したものを、翻訳する機能
  • 発音の誤変換を正しく表示できるように、言葉を選べる機能

声の大きさは、ポケトークを近づけて話せばしっかりと音声をひろってくれるので、大きな声で吹き込まなくてもOK!でした。

ポケトーク MEMO

いろんな環境で試してみると、もっと翻訳機の特徴がわかる気がしました。これからもっと海外からの旅行客が増えることを想定すると、あると便利なアイテム。

語学が必要なビジネスでのメール返信や、海外への出張にも役立つのがポケトークのような翻訳機なのだと思いました。

1 2 3 4 5