おすすめのイベントも配信中です

ロイヤルインドレストランで!話題のポケトークを実際に使用してみた結果どうなの

語学のレッスンもポケトークで完結!

ポケトークセンターの翻訳履歴は、無料コンテンツの「ロゼッタストーン・ライブラリー」で利用することができます。

そのためポケトークの翻訳履歴を転送して活用すれば、リスニングなどの教材にもなりますよ。

学校の授業で、実際に使用してみたくなります…

さらにパソコンだけでなく、スマホやタブレット上でも使うことができるので、いつでも語学のレッスンを始めることができるのもメリット。

「POKETALK Link」で語学レッスン

  • 発音判定
  • リスニング
  • 辞書(英和)

ポケトークと翻訳アプリとの違い

周囲が少しにぎやかな場所でも会話をすることが可能で、スマホを他の人に貸して操作することがなく使用できるのがポケトーク。

また起動時間も早く、操作が簡単なのも特徴です。

電池の容量は2200mAで充電時間は約135分、連続待ち受け時間約240時間となっています。

例えば連続で翻訳に使用した場合、約7時間は使用が可能です。

カラーはホワイト、ブラック、ゴールド、ピンクゴールド、レッドの5種類あり、スマホより小さめのコンパクトサイズ(110×59.8×15.8mm)で持ち運びに便利!

  • レッドは、グローバル通信2年つきモデルのみとなっています。

POKETALK W 本体の価格は24,800円(本体、USBケーブル、スタートガイド、取り扱い説明書)で、グローバル通信が2年つくタイプは29,880円です。

ポケトークを使用する頻度が高くさらに保障が欲しい場合には、オプションでPOKETALK・ワイド延長保証サービスに2,980円で加入することもできますよ。

ポケトーク MEMO

価格はすべて税別となり、VISA、JCB、Master Cardなどの各種カードやAmazon Pay、コンビニ払い、クロネコ代金後払いサービスから支払い方法を選べます。

ez:commu (イージーコミュ)

【ポイント10倍!】フューチャーモデル TR-E18-01 ez:commu(イージーコミュ) AI自動翻訳機

4つの翻訳エンジンに同時にアクセスすることで、AIが翻訳した内容を比較し判断してくれますよ。ただし専門用語や話し方によっては、訳せない場合もあります。

以前のモデルからバージョンアップし、32か国から48か国及び地域の言語への幅広い対応が可能となっています。英語だけでなく中国語や韓国語、フランス語、ドイツ語、日本語も翻訳することができます。

使用方法は簡単!画面をタッチするだけで音声を認識し、翻訳結果を文字で表示。

システムの理論値となりますが、1つのチャネルで最大1,000人までグループでの翻訳通話に参加することができる翻訳機です。

また4G回線を使用したWi-Fiデザリング対応なので、自分で契約しているSIMカードを差し込めば4G Wi-Fiテザリングのモバイルルータとして利用することも可能です。

SIMカードがあればWi-Fi環境がない場所でも利用できるので便利!

尚、SIMカードは本体に付属されていないので自分で契約することが必要となります。

グッドデザイン賞を受賞したタッチパネルディスプレイで、高い操作性を実現。さらにシンプルなメニューで分かりやすく色分けされた表示画面も特徴的です。

またマイクとスピーカーの穴の大きさにもこだわり、余計なノイズが入らないように配慮されています。

Easytalk(イージートーク)

世界の164ヶ国で使用されている76言語に対応した、次世代のオンライン双方向翻訳機です。海外でも利用することが可能となっています。

Langogo(ランゴーゴー)

104言語に対応している、高精度なAI搭載の双方向音声翻訳機です。

eSIM&Wi-Fiルーター機能が内臓されているため、Wi-Fiが無くても電源を入れるだけで翻訳することが可能に。

さらにLangogoが提供しているデータプランを購入して現地のネットワークに繋がるためモバイルWi-Fiルーターとしても機能します。そのため旅行先で仲間とインターネットを利用することや持っている複数のデバイスで同時にインターネットを使用することができますよ。

Langogoは24つの翻訳エンジンを搭載しているので、オンライン翻訳によって大量のデータベースの中から最適な翻訳をリアルタイムに探し出し瞬時に翻訳します。マイクロフォン、ノイズキャンセリングの機能を本体に内蔵しているので話したことを正確に認識し、翻訳します。

なんとLangogoの最新バージョンは、世界中に30つの翻訳サーバーを配置し同時通訳のような速さで翻訳。

時間にすると1秒未満で、いろんな国の人とコミュニケーションをすることができ相互会話においてストレスを与えません。例えば質問をしたいときや感謝を伝えたいとき、時には頼みやジョークなどを的確に伝えてより速くリアルで自然な会話をつくることができます。

操作は、ボタン1つで音声入力と翻訳が2ステップ。

さらに本体の軽さ、画面の大きさと操作性の良さで、言語切り替えやwifiの接続などもスムーズに操作できるのも特徴です。海外旅行や海外出張、外国語勉強、外国人のお客様の接客や2020年東京オリンピック期間に外国人とのコミュニケーションに最適なアイテムです。

日本語での説明書もダウンロードできますよ。(PDF)ダウンロード(最新バージョンです)

MINITALK T6(ミニトーク T6)

 MINITALK T6(ミニトーク T6)は、世界186か国で使用されている70言語に対応した瞬間双方向音声翻訳機です。

4つの翻訳エンジンに同時アクセスすることで、AIが訳を比較して判断。そのため精度の高い翻訳を実現しています。

また翻訳の速度はあいさつなどの単語で最速約0.3秒、通常の会話の長さで約0.6秒となっています。最長で1分間の文章も翻訳可能です。(通信の環境によって異なります。)

さらに本体の電源がONの状態で、インターネットに接続されていれば自動更新されます。そのためオンライン言語やシステムの更新によって、今後も随時言語が無料で追加予定となっています。

  1. Wi-Fi接続
  2. スマートフォンやタブレットのテザリング機能(ホットスポット)で接続

 MINITALK T8

 MINITALK T8(ミニトークT8)は英語や中国語、韓国語などの世界106言語(中国語の方言含め)に対応。

世界中の203か国で使用されている、AI双方向音声翻訳機です。

MINITALK T8(ミニトークT8)の翻訳の速度は、あいさつなどの短語でれば最速0.2秒。通信環境などによって異なりますが、通常の会話の長さで約0.5秒で言葉の壁を感じない瞬間翻訳を実現しています。

さらにAIが搭載されているため、四つの翻訳エンジンにアクセスして翻訳結果を比較判断し、より精度の高い翻訳結果を実現しています。そして単語と文章の正確さは、98%!使えば使うほど、翻訳精度が増していくのがMinitalkの魅力なのです。

MINITALK T8(ミニトークT8)には、カメラで写した内容をテキスト翻訳する機能を搭載。5百万画素のカメラとOCR技術によって、メニューや案内図などを写真撮影することで読み取り、瞬時に画面上で翻訳することが可能となっています。

これからも少しずつ、随時言語が無料で追加されていくのも嬉しい!ただし本体の電源がONの状態で、インターネットに接続されていれば自動更新となります。

MINITALK T8(ミニトークT8)の操作

翻訳をするためには、Wi-Fiネットワーク接続が必要となります。41ヶ国の言語に対し「1:1の双方向で翻訳」・「ボタンを押して話すだけ」のシンプルな操作性と機能を追求。

さらに翻訳した文章の表示だけでなく、翻訳された音声も再生してくれます。そのため翻訳機だけでなく、語学学習などにも適しています。

また読み上げスピードを調整する機能がついているので、会話の相手に合わせて「0.5」・「1」 ・「1.5」・「2」の4種類から選択することも可能です。

  1. Wi-Fi接続 
  2. スマートフォンやタブレットのテザリング機能(ホットスポット)で接続

操作は簡単で、ボタンを押しながら話すだけ。機会が苦手な人でも安心なのです。また話した言葉と翻訳した言葉を、履歴として画面に残すこともできますよ。

arrows hello (アローズ ハロー)

2019年の5月に発売されたarrowsシリーズ初となる「マルチ通訳機・arrows hello (アローズ ハロー)」。

arrows helloはオンライン28言語、オフライン3言語に対応しているため、Wi-Fiに接続することで28言語が話せるだけでなくオフライン環境でも使用することができますよ。

さらに双方向翻訳なので、自分だけでなく相手の言語も翻訳でき会話がスムーズに進みます。画面上の「リピート」ボタンをタッチするだけで何度でも再生でき聞き逃しても焦らず安心して使えるのは嬉しい!

さらにカメラ翻訳機能で文字を撮影して翻訳ができ、レストランのメニューや駅の案内表示などを読むのに便利です。

対応言語・一覧

日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語、スウェーデン語、フィンランド語、デンマーク語、ノルウェー語、ポーランド語、トルコ語、ハンガリー語、ギリシャ語、チェコ語、ルーマニア語、アラビア語、タイ語、インドネシア語、ヒンディー語、ベトナム語、スロバキア語

その他にオンラインでのカメラ翻訳には、21言語に対応しています。

日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイのでン語、オランダ語、ポルトガル語、スウェーデン語、フィンランド語、デンマーク語、ノルウェー語、ポーランド語、トルコ語、ハンガリー語、ギリシャ語、チェコ語

オフラインでの音声翻訳・カメラ翻訳は、3言語(日本語、英語、簡体字中国語)となっています。

Freesay

Freesayは、双方向の瞬間音声通訳機で186ヵ国に対応。

 APPのダウンロードが不要となり、ボタンを押して話すだけでWIFI/スマホのインターネットを接続すれば簡単に操作することができますよ。

高品質のマイクが付いているので、雑音がある環境でも言語を録音することも可能となっています。

例えば旅行やショッピング、ビジネス交渉、出張、外国人の友達作り、語学学習、発音の練習などに適しています。

また翻訳された音声は、ディスプレイ上のテキストにも表示されるので聴覚障害がある人との会話にも使用できますよ。

保証は、1年間となっています。

対応言語・一覧(オンラインでのアップデートに対応しています。)

英語、中国語(簡体字)、韓国語、日本語、フランス語、ロシア語、スペイン語、タイ語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語、ハンガリー語、ポルトガル、ベンガル、ブルガリア語、ビルマ語、カタロニア語、クロアチア語、コスモス語、ラオス語、ラトビア語、マレー語、モンゴル語、ノルウェー語、ポーランド語、ルーマニア語、セルビア語、スロバキア語、スワヒリ語、スウェーデン語、タミル語、トルコご、ウクライナ語、ウルドゥー語、ベトナム語、インドネシア語、デンマーク語、フィンランド語、オランダ語、チェコ語、ギリシャ語、ヒンディー語、ヘブライ語、フィリピン語、クメール語、ジャワ語 

dokodemoTALK どこでもトーク

dokodemoTALK どこでもトークは、 31ヵ国の126言語に対応。

SIMまたはWi-Fiで接続でき待機時間約186時間、使用する環境によってことなりますが連続使用時間は約6.5時間となっています。

  • au回線のsimカードは、使用できません。

メモリの容量は4GB+DDR2、ディスプレイはタッチスクリーンで2.4inch/320×240ピクセル、リチウムイオン充電池1500mAhです。

Mayumi3

Mayumi3は、世界で200か国以上85言語に対応した双方向での音声翻訳をすることができ、オフラインでの翻訳でも使用が可能。さらにOCR・カメラによる翻訳機能を使用すれば、13言語の翻訳を写真で撮影して翻訳をすることができます。

双方向での通訳ができ3インチの大画面タッチパネルを搭載しているので、操作性が高いのも特徴的です。

メーカー保証は1年。

バッテリーの劣化を防ぐために、月1回以上のフル充電と放電が推奨されています。

その他グローバルデータSIM、WiFiルーター機能、 録音翻訳機能、グループ翻訳機能、ボイスレコーダー機能がついていますよ。

Hikaru

Hikaruは最新翻訳システム×AI学習による高い翻訳精度を誇り、なんと最速0.2秒。音声翻訳機T2sが、翻訳エンジンにアクセスしAIが訳文を比較して判断して、精度の高い訳文を実現しています。そのため、翻訳のミス率が少ないのも特徴的。英語や中国語、日本語など75言語 世界200か国対応となっています。

IPSタッチパネルなので見やすく、操作方法も簡単!本体正面のボタンを押しながら話し、指を放したら翻訳機が同時に通訳してくれます。相手との会話の最中でも、外国語翻訳と母国語翻訳を切り替えればOK!です。今までにないスムーズな会話を楽しむことができますよ。

また画面にユーザーの「言葉」をテキストとして記録して、無線LANまたはモバイルホットスポットの設定を使用し接続することも可能です。

1 2 3 4 5