おすすめのイベントも配信中です

4億人超!アバストの次世代サイバーセキュリティの実力

リモートワークで心配なのは、セキュリティ。

外出先などでフリーWi-Fiを使用していると、気づかないうちに情報が洩れてしまうことがあるのです。

今回は、ネットワークのセキュリティ対策について、考えてみたいと思います。

Photo by Matthew Henry on Unsplash

オンラインでの行動が、もしかしたら見られているかも

Photo by freestocks on Unsplash

例えば広告主やインターネットのプロバイダなど、プライバシーを侵害する可能性は、いくつか存在します。

  インターネットでの道路のようなもので、その人が何をしているのか誰でも知ることができます。

オンラインでユーザーを追跡しているのは

Photo by Christian Wiediger on Unsplash

インターネットのサービスプロバイダーは、ユーザーが行うすべてのアクティビティを把握しています。

例えば、ユーザーの財務、医療、ウェブ閲覧の履歴など。

またオンラインでのアクティビティを管理している雇用主も、利用できる機会を制限することができます。

さらにハッカーの手にかかれば、個人情報を盗み、アカウントに侵入することや、ユーザーの閲覧している内容を、ひそかに見張ることもできます。

もし、何らかの対策をしないと、プライバシーを保護することができません。

アバストでIPアドレスを隠す

Photo by Cookie the Pom on Unsplash

ユーザーのIPアドレスは、広告主やインターネットサービスプロバイダーや、その他の人々がウェブ上でユーザーを追跡するための主な手段です。

そのため、必要以上の情報は提供しないことが重要。

アバストのサーバーが新しいアドレスを提供してくれるため、ユーザーの仮面の役割を果たしてくれるのです。

フリーWi-Fiスポットにある危険とは

Photo by Kaleidico on Unsplash

有名なカフェやホテルなど、フリーで利用できるWi-Fiがあります。

でもこれは、安全といえるのでしょうか。

じつは、個人情報が盗まれる危険があるのが、フリーWi-Fi。

大企業や銀行、軍隊などでも、VPNを使用して、データやアクティビティを保護しています。

  • リモートワークなどで自宅で仕事をする人が増えている現在、個人のユーザーにも高度なプロテクションを利用して、ネットワークの脅威を撃退することができるようになりました。

ネットワークに潜む、脅威とは

Photo by Derick David on Unsplash

ユーザーが保護対策の施されていない公開ネットワークに接続し、自分のアカウントにログインすると、そのネットワークに接続しているほかの人に情報が送信されることもあります。

  •  自分でCookieを受け取ると、他のユーザーもCookieを受け取ることができる

これによって、自分のアカウントの情報が他人に知られることになるのです。

ユーザーのお気に入りのカフェのWi-Fiで接続していると、それが偽のホットスポットである場合、自分のデータを他の人のコンピューターにも大量に送信していることに。

さらにデバイスは、既知のネットワークに自動的に接続してユーザーの手間を省くように設定されています。

そのためスマートフォンやコンピューターなど、偽のネットワークを作ることもできるのです。

これは心配になります…

ユーザーとインターネットの間に他の誰かを介在させることで、ユーザーのお気に入りのコンテンツを変更したり、トラフィックを偽のサイトにリダイレクトすることも可能。

こうなると、ユーザーのアカウント情報やパスワードを盗むこともできます。

これからは、個人でもセキュリティ対策が必須

Photo by RetroSupply on Unsplash

アバストは次世代の技術を利用して、サイバー攻撃にリアルタイムで対処する、世界での最大規模となるセキュリティの会社です。

特徴は、4億人を超えるユーザーから絶えず提供されるデータの流れを受けとるための、膨大な規模のクラウド型機械学習エンジンを有していること。

これによって、アバストの人口知能エンジンを他社のエンジンより高速な環境を実現しています。

またアバストでは、インターネットでのあらゆる出来事を把握するための、拡張性の高いクラウド型のセキュリティ インフラストラクチャを開発。

オンライン上でのあらゆるものを認識できるので、脅威の可能性を検索し分析することが可能となっています。

例えば新しいマルウェアが発見されると、「ユーザーを保護するための新しいセキュリティ機能」を迅速に展開できるのもアバストの強み。

件数にすると、アバストが毎月の攻撃を阻止しているのは、約15憶件ほどにもなります。

プラハにあるアバストの拠点では、世界トップクラスのセキュリティエンジニアが在籍し、ユーザーの脅威を回避しています。

アバストでは、セキュアライン仮想プライベートネットワークで強力な暗号化により、トンネルを作るためユーザーが行っているため、他の人が個人情報を見ることはできません。

さらにトンネルは世界各地に戦略的に配置されたセキュアサーバーが出口となっているため、ユーザーの接続先は、ユーザー自身のIPアドレスではなく、アバストのアドレスが開示されることになります。

アバストでは、暗号化に256ビットAESを使用

Photo by Tim van der Kuip on Unsplash

架空のハイパーコンピューターでも、解読するには相当な時間がかかり、作動させるのに十分なエネルギーは、現時点でないからです。

これは心強いですね。

アバストなら、いつでも好きなコンテンツにアクセス

ユーザーが使用しているIPは、オンラインアクティビティの追跡だけでなく、特定のサービスの利用を禁止することや、より高い価格を請求するために使用されることがあります。

そのためウェブサイトに設定されている、見せかけの制限を迂回することが必要。

アバストでは、それぞれ異なる29カ所から接続先のサーバーを選択が可能になります。

VPNを使用した通信は、快適

Photo by XPS on Unsplash

アバストのVPNでは、ストリーミングやゲームプレイ、大容量ファイルのダウンロードもできます。

デバイス数は、最大で5台。

最大通信速度は、1秒あたり2ギガビットとなり、帯域制限もありません。

 VPN

そのためプライバシーを保護するために、オンラインでのアクティビティを隠し、閲覧したウェブサイトや使用したアプリなどの記録を残さないようにすることが重要です。

アバストのサービスでは、インターネットサービスプロバイダーや広告主、雇用主などから、オンラインアクティビティを隠すことが可能。

カフェや空港、鉄道の駅など、どこにいても安全な接続を提供しています。

またコンテンツのブロックは回避できるので、お気に入りの番組へのアクセスはできる状態。

アバストでは、世界各地に設置されている広範囲な高速サーバーから選ぶことができますよ。

アバストのセキュアラインVPN

構築の基盤となっているのは、「Open VPN」と「Open SSL」

で、最も信頼性が高いのが特徴です。また広範囲に使用されている透明性の高いプライバシー保護プロトコルとなっています。

ユーザーが使用するアプリや閲覧するウェブサイト、利用するコンテンツには、関知しません。
受信のデータや送信データは、すべて暗号化されるので、のぞき魔が盗み見ることはできません。
アバストセキュアラインVPNの他のユーザーに紛れて、身を隠すことができます。
  カフェや空港、図書館、公園や見知らぬ人のスマートふぁおんへの接続もカバーし、あらゆるスポットに安全に接続できます。

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

 アバスト セキュアラインVPN

ユーザーの実際のIPをI Pv4で包み隠し、IPv6のリクエストをブロックします。
高解像度の映画やラグの影響を受けて、画面が乱れやすいゲームプレイや超大容量のファイルもカバーしてくれます。
どこに住んでいても、検閲を迂回してあらゆるサービスやメディアにアクセスすることができます。
一部のサーバーは、ピアツーピアネットワーク接続対応なので、プライバシーを保護しつつ、共有することができます。
どこに居住していても、希望の接続方法を提供。

アバストなら、必要な保護だけを選んで装備できる

Photo by Jessica Lewis on Unsplash

アバストには、家庭向け、ビジネス向け、パートナー向けと顧客に合わせたプランがあるのが特徴です。

家庭向けのプランでは、25%の割引(2021年1月10日時点)で、月515円から利用することが可能となっています。

ボタンを接続するだけで、インターネット接続を暗号化することができるので、かなり便利。

また使用するデバイスの数によって、1台から5台まで接続することができます。

  • Windows、Mac、Android、iOSで利用できます。
まずは、7日間で無料体験から試してみるのもおすすめです。

こちらの無料体験なら、クレジットカードは不要です。

セキュリティ強化!Android TVを搭載したスマートテレビにも

Photo by Domenico Loia on Unsplash

アバストでは、Android スマートテレビやNvidia Shield TV、Mi Box などで、自分のお気に入りのコンテンツに直接アクセスして、ストリーミングすることも可能となっています。

ハッカーやアクセス制限を回避し、大画面で楽しむことができますよ。

すべてのAndroid TVに対応しているので、セキュリティ対策を強化でき、大画面ストリーミングでのプライバシーの保護も可能に。

帯域制限はありません。

 無料Wi-Fi接続をワンクリックで暗号化 覗き見ブロック

問い合わせ先は、無料で対応

アバストのサポートページを利用するか、または日本語サポートフォーラムで、質問することができます。

有料製品を購入した方には、電話でのサポートもあり、9:00~19:00まで年中無休で対応しています。

またチャットやメールでの問い合わせをすることもできます。

モバイル製品については、アプリ内のお問い合わせ・ダイレクトサポートから問い合わせをしてみてみましょう。

アバストで、オンライン脅威アカデミーをチェック

Photo by STIL on Unsplash

アバストでは、サイバーに潜む脅威と、サイバーの脅威から身を守る方法についてのアカデミーがあります。

公式のホームページ内からアクセスすることができ、オンラインの脅威を識別し防御するための方法を専門的観点から伝授してくれますよ。

項目は、全部で28項目。

自分の知りたい情報から、検索して少しずつセキュリティ対策について考えてみましょう。

 VPNサービス

マルウェアとは、コンピュータやスマートフォンm、タブレットを観戦させる、悪質なソフトウェアです。ハッカーは、いろんな種類の目的のために、マルウェアを使用します。そして個人情報を抽出し、金銭や知的な財産を盗み、デバイスを使用不可能にしてしまうのです。
スパイウェアは、人々の個人情報や銀行取引などの情報を盗むために、ハッカーが使用するマルウェアの一種です。
アドウェアは、ポップアップでユーザーを誘導するマルウェアの一種です。

Photo by DEVN on Unsplash

個人的な感情やニーズに取り入り、ハッカーが行う行為です。 
ウイルスがコンピューターに持ち込まれると、重要な情報が開示され個人情報の流出するなど被害がでることがあります。
メールやダウンロードしたファイルなど、予期しない場所で感染を起こすことがあります。

 VPN

Photo by Annie Spratt on Unsplash

自己複製をして、コンピューターの動作速度を定価させる原因となるものです。
  意図しないメールやメッセージが届くことがあり、これがスパムです。
  ルートキットを用いることで、他の人のパソコンにアクセスする権限をもつことができます。インストールすることで、遠隔操作でデバイスをコントロールすることが可能。

 

Photo by Alejandro Escamilla on Unsplash

ハッカーが、この技術を使用すると、デバイスを使用不可能な状態にすることができます。
ブラウザ設定を乗っ取り、コンピューターに勝手な操作を行わせます。
ユーザーのキー入力操作をひそかに記録できる、一種のスパイウェアです。アカウント状情報や銀行取引、クレジットカードのデータやユーザー名、パスワード、その他の個人情報を入手できるようになります。

アバスト セキュアラインVPN

Photo by Martin Grincevschi on Unsplash

データへの不正なアクセス権限を取得し、コンピューター技術を利用して、クレジットカード情報や個人的な写真などのデータなどを盗むことがあります。
ソフトウェアを介して、オンランで行われる詐欺に使われる、包括的な言葉。
悪質なソフトウェアをインストールするために、パスワードや銀行取引情報を提供させ、アクセスを許可させることもあります。

 

Photo by Alvaro Reyes on Unsplash

  他人になりすますために、運転免許証番号などの個人情報を盗むことです。
個人情報や、データーなどを盗み、詐欺を行うことが目的です。フィッシング詐欺やウイルス、スパイウェアなど、様々なツールが用いられています。
システムをハッキングする行為です。例えば、ユーザーのアカウントにアクセスするために、パスワードをクラッキングすることや、公共のWi-Fiネットワークを経由してデーターを盗むこともあります。

 

Photo by Shawn Ang on Unsplash

お気に入りのウェブサイトを閲覧しようとしたときに、動作が遅く、接続が切れたり、ウェブページが表示されない場合には、そのサイトはDDos(分散型サービス妨害)攻撃の被害を受けている最中かもしれません。
遠隔操作でコントロールすることができ、コンピューターの所有者が知らないうちに、スパムの送信やウイルスの拡散、DDos攻撃の実施を強制的に行わせる悪質なソフトウェアに感染した、コンピューターのネットワークです。
  電子的な通信やSNSなどのメッセージ、投稿などを使用して、人の名誉を傷つける言葉などで、他人をいじめる行為です。

 

Photo by AJ Garcia on Unsplash

ネットワークに接続されたコンピューターで、送受信されるすべてのトラフィックを傍受する種類のソフトウェア。パケットスニファーやWi-Fiスニファー、ネットワークスニファ、IPスニファーなどがあります。
一種のウェブサイト脆弱性で、攻撃者は通常は信頼できるウェブページやアプリに悪意のあるスクリプトを配置します。そして、ここにマルウェアをインストール。これによって、クロスサイト スクリプティングを利用することで、ユーザーを直接ターゲットにすることが可能になります。また間違った方向に導くことや、自分のマルウェアを多くの人に拡散することができます。
ソフトウェアの会社が新製品を発売し、誰も把握していない問題がある場合に使われる用語。これがゼロディ エクスプロイトです。

 無料Wi-Fi接続をワンクリックで暗号化 覗き見ブロック

Photo by Johnson Wang on Unsplash

アプリケーションやネットワーク、ハードウェアの脆弱性を悪用する違法な攻撃です。攻撃は、コンピュータシステムをコントロールし、ネットワーク上に保存されているデータを盗むことが目的です。
ウェブサイトやウェブアプリケーションへの攻撃で、アカウントへのアクセス権限を得るために、データを変更しウェブフォーム内の入力ボックスに Structured Query Language (SQL) コードが追加されます。
ハッカーがデータを盗み、マルウェアを拡散させ、アクセスのコントロールやユーザになりすます行為です。最も一般的な形態は、IPスプーフィング、メールスプーフィング、DNSスプーフィングです。
銀行のウェブサイトへのページにログインし、自分のログイン情報が漏洩して、金銭が盗まれている場合があります。この被害のことを、ファーミングと言います。ファーミングでは、偽のウェブサイトを合法的に信頼できるサイトとして偽装しています。

選べる!1台から5台まで接続が可能なプラン

アバストでは、PCからMac、Android、iPhoneまたはiPadまで、選ぶことができます。

最初からは長期的に使用するかは、決められないという方もいるはず。

もし、継続して利用することが分かっているなら、1年よりも2年のプランの方が安く契約する方が割安です。

  •  PC:6,180円 / 年→5,250円 / 年
  •  Mac:6,180円 / 年→5,250円 / 年
  •  Android:1,740円 / 年→1,470円 / 年

 アバスト セキュアラインVPN