おすすめのイベントも配信中です

徹底比較!飲むスキンケアを選ぶときに知っておきたいこと

毎日忙しくしていると、なかなか肌のケアまで十分にできないこともありますね。

市販のサプリメントを買ってみたけれど…なかなか続けて飲むことができずに、気がつけば忘れてしまっていることもあるのではないでしょうか。

こうなると、あきらめの境地に。

今回は夏に向けて!肌の状態を改善させたい方に、飲むタイプのスキンケア商品をリサーチしてみました。

Photo by Ian Schneider on Unsplash

飲むスキンケアの「ノアレル」

Photo by YUCAR FotoGrafik on Unsplash

医薬部外品のランキングでは、「お得度、満足度、信頼度」で3冠を達成している飲むコスメ。

このデータは株式会社マーケティングアプリケーションズによって、2019年11月27日~30日までの期間に行われた調査によって得られた結果となっています。

また調査の対象となっているのは、20~40代の女性。

個人差がありますが、乾燥やかゆみ、肌の不調や赤み、くすみが気になる方に向けた商品なのです。

「ノアレル」の特徴
  • L-ステイン120mg
  • ビタミン4種
  • 医薬部外品
  • 肌の細胞が生まれて排出されるまでの目安6週間
  • 1 袋90錠(1カ月分)
  • 価格5,980円(税抜)

ノアレルの第一印象は、価格設定が高めと感じたことです。もう少し詳しくノアレルを見てみましょう。

商品を見るときに専門用語がいっぱいあって、何となく分かりづらいことがありますね。

もっと知りたい方に「専門用語」解説!

Photo by Cris Tagupa on Unsplash

メラニンの色素を抑え、からだの内側から代謝を促すとされるアミノ酸。きれいな肌をキープするのに大切な成分です。また肌の代謝を元に戻すように働きかけ体のエネルギーを作り出すことをサポート。さらに、抗酸化作用もあるのが特徴です。
美容と健康を保つために必要とされる栄養素のひとつ。さらにコラーゲンの生成を促すことで、ハリと弾力のある肌を守ってくれます。
発育ビタミンと呼ばれる栄養素で、細胞を再生や過酸化脂質を分解し消去する働きがあります。

うずらの卵にあるビタミンB₂は約0.72mgで、ノアレルの商品にはうずらの約591倍(425.52mg)ものビタミンB₂が含まれています。

アミノ酸の代謝や気持ちを落ち着かせる働きのある補酵素です。また疲れやストレスなど女性にとってのインナースキンケアには最適なビタミン。

唐辛子に含まれているビタミンB₆は約3.81mg、ノアレルには唐辛子の約223倍(約851.01mg)。

専門用語については知りたくなったら、読んでみて下さいね。

ノアレルをリサーチしてみると、通常の食事だけでは摂取が難しいほどのビタミンが含まれていることがわかります。

また愛用しているサプリメントから、ビタミンBの含有量とノアレルを比較してみました。

DHCのコラーゲンのサプリメントに含まれているビタミンB₂を調べてみたところ1粒あたり2.0mg、マルチビタミンでは1粒あたりビタミンB₂2.4mg、ビタミンB₆3.2mgと表示されていました。

もう少し分かりやすく、見てみましょう。

ノアレルとDHCのサプリメントのビタミンを比較してみる
  • ノアレル→ビタミンB₂:425.52mg、ビタミンB₆:851.01mg(1日3粒)
  • DHCのサプリメント→ビタミンB₂2.4mg、ビタミンB₆3.2mg(1日1粒)
  • DHCコラーゲンのサプリメントは1日6粒です。

Photo by Zunnoon Ahmed on Unsplash

ノアレルは食事やサプリメントで補えない場合に、さらにビタミンを摂取したい方におすすめな商品といえそうです。

抗酸化作用や血液の循環を促すことで、くすみや血色をカバーしてくれる栄養素。

アーモンドに含まれているビタミンEは約30.3mg、ノアレルにはアーモンドの約117倍(約3,546mg)。

例えば…年々肌のハリがなくなり、黒い斑点が目立つようになってきた。毎朝、化粧をしても隠せなくなり、肌の調子があまり良くない日が続く方にも。

「ノアレル」では肌が不調となる要因として栄養不足や日々の疲労、ストレス、冷えや寝不足、花粉や紫外線など5つが考えられるとしています。

一般的な化粧品やサプリメントによって肌の調子が戻らなくなってきた場合に、医薬品や医薬部外品を使用することで改善されることもあるのです。

厳しい承認の基準や品質などの管理によって製造が許可されるもの。

ノアレルが製造されているのは、大正6年に創業されている至誠堂製薬。長期にわたって固形の製材技術、クリーンな製造環境のなかでつくられています。

また商品の品質や有効性、安全性を確保するための情報収集を行う目的で、PMSという調査を実施。この検査は、ノアレルの商品が安定した成分を配合し、供給するために必要な検査となっています。

飲むのはいつでも良いの?!

Photo by Joshua Ness on Unsplash

ノアレルは1日1回いつでもOK!飲む時間は決まっていません。そのため、自分のライフスタイルに合わせて飲むことができますよ。

さらに他のサプリメントと併用することもできますが、ビタミンの過剰摂取にならないよう注意が必要です。

また男性の方でも肌の不調や肌荒れ、疲労の回復、予防などにおすすめとなっています。

注意

ノアレルは15歳以上の方で1日1回となり、1回量は3錠です。15歳未満の方は服用しないように注意喚起されています。

飲むスキンケアができるノアレルですが、価格的にはけっして安くはないですね。それでもビタミンの含有量や品質の管理など、費用対効果は期待できそうです。

まずは試してみないと分からない…方に、初回なら1日33円で飲むスキンケアを体感できますよ。

持ち運びが便利なスティックタイプの飲むスキンケア

大正製薬ダイレクトが販売しているのが、「アルフェ ビューティコンク」。忙しい毎日を過ごしている方や、キレイのために何かしたいと考えている方をターゲットにした飲むスキンケアです。

パッケージはかわいいピンクで、女性らしさのあるデザイン。

さらにスティックも同じカラーで統一され、ポーチなどに入れていつでも手軽に飲むことができるのがメリット。

気になる味は果汁12%のピーチ味で、そのままでも飲めるタイプとなっています。

つい忙しいと忘れがちとなる、日々のスキンケア。いつでも忘れたときに、さっと飲めるので続けることができそうですね。

アルフェ ビューティコンクには、コラーゲン1000mgと鉄分2mg、エラスチン、ヒアルロン酸が配合されています。

「アルフェビューティコンク 」の特徴
  • コラーゲンペプチドと鉄分を配合
  • コラーゲンに低分子ペプチドタイプを採用
  • ビタミンB₂、ビタミンB₆
  • 肌の細胞が生まれて排出されるまでの目安6週間
  • 1 箱30袋×2箱
  • 価格3,960円(税抜)

低分子のコラーゲンペプチドは、体内で消化されたあと吸収されアミノ酸に変化します。さらにこのアミノ酸に鉄分が加わることで、からだに変化が起こるのがポイントです。

さらに体のすみずみまで届き、摂取した成分は時間がたつと失われるため継続することが大切。

またアルフェ ビューティコンクは毎日続けやすいように、溶けやすく臭いも気になりません。

普段の生活スタイルに合わせて、ヨーグルトや紅茶などに混ぜてもOK!

そのため、手軽に始めることができる飲むスキンケアなのです。

価格帯としては1日66円となるので、コストパフォーマンス的にもおすすめです。

アルフェ ビューティコンクの成分

たんぱく質1.1g、脂質0.01g、炭水化物0.8g、食塩相当量0.001g~0.021g、鉄2.0mg、ビタミンB₂2.0mg、ビタミンB₆2.0mg、コラーゲンペプチド1,000mg、エラスチン5mg、ヒアルロン酸2mgで5kcal。

やっぱり基本は食生活!主食や主菜、副菜を基本として、食事のバランスを考えて摂取することが大切ですね。

注意

1日1〜2袋が目安となっています。ただし1日の摂取量として、栄養素等表示基準値(2015)(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合:ビタミンB2 143%、ビタミンB6 154%を守りましょう。

 大正製薬【アルフェビューティコンク<パウダー>】

うるおいをチャージ!ビタミンカラーのパッケージで元気に

最近お気に入りの飲むスキンケアと言えば、オルビスの「ディフェンセラ」。

この商品も飲むコスメとして、数々の賞を獲得している人気となっていますよ。

味はゆず風味で、ブランドカラーはビタミンをイメージできる黄色。

少し元気がほしいときに、エネルギーをチャージしてくれそうな気分に。

アルフェ ビューティコンクと同じスティックタイプとなり、水なしでも飲めるタイプです。

いつでも持ち運ぶことができ、忘れたときにさっと飲めるので普段忙しい方でも続けることができそうですね。

「ディフェンセラ 」の特徴
  • 日本初販売の肌にもトクホ商品
  • 米胚芽由来のグルコシルセラミドが成分
  • 肌からうるおいを逃がしにくくする3段階のバリア
  • セラミドの産生する場所を立て直す働きがある
  • 顔だけでなく、ひじや足先、背中まで全身の乾燥肌に
  • 1日1包15秒
  • 価格3,456円(税抜)

オルビス ディフェンセラは、どんなに化粧水を塗っても乾燥する方や、お風呂上りの乾燥が気になる方、夕方には肌がカサカサしてくる…などの悩みを抱えている方におすすめです。

原因となっているのは、水分の蒸発。

肌の環境が乱れることによって、いちばん外側の細胞が弱くなることが要因。これによって細胞と細胞の間にすき間ができてしまい、大切なうるおいが蒸発しやすい肌となってしまいます。

セラミドを体内に取り入れると、肌のうるおいが逃げにくくなる

1トンの玄米から、たった1〜2gしかとれないセラミド。それをさらに精製して高純度にしたものです。

オルビスの成分

炭水化物1.5g、糖質1.5g、関与成分グルコシルセラミド1.8mgで3.3kcal。

いまなら1人1点限りで、鉄や葉酸またはビタミンC、ビタミンB₂のタブレットの入ったセットを購入することができ、価格は2,916円となっています。

1日計算にすると、97円。こちらの商品は、オルビス ディフェンセラを試したことがない初めての方限定です。

飲むスキンケアを比較してみた結果・まとめ

Photo by Fezbot2000 on Unsplash

今回、飲むスキンケア商品として比較したのは3つで「ノアレル」、「アルフェビューティコンク 」、「ディフェンセラ」です。

 粒タイプの「ノアレル」は、価格がやや高めですがビタミンの含有量が多く費用対効果が期待できる商品。

ただし6週間での継続となると、2袋で11,960円、1日199円の計算となります。粒タイプなので、サプリメントを良く飲んでいる人には導入しやすいかもしれません。

 

 「アルフェ ビューティコング」は、パッケージも女性らしくピーチ味で飲みやすいのも特徴。

粉状ですが、スティックタイプなので持ち運ぶのには便利となっています。

また成分にビタミンや鉄が配合されているため、バランス良く栄養素を摂りたい方には嬉しい飲むスキンケア。1日1包で66円という価格設定も魅力的ですね。

 

 「ディフェンセラ」は、日本初販売で多くの賞を獲得しているほどの支持を集めている飲むスキンケア商品です。

スティックタイプで1日1包、水分を逃がしにくくすることで潤いをキープし、全身が乾燥するタイプの方におすすめな飲むスキンケアとなっています。アルフェ ビューティコンクと比べて、1日115円とコストはかかりますが、幅広い世代の方に愛されるのではないでしょうか。

「飲む」次世代スキンケア<ディフェンセラ>

いかかでしたか。

基本的には、食事をバランス良く摂取したうえで、不足がちな栄養素をサプリメントでとること。

さらに肌のスキンケアを目指すなら、飲むという新たなタイプの商品を試してみる、というのがおすすめです。

飲むスキンケア商品といっても、いろんなタイプがあるので自分に合ったスキンケア方法を見つけてみて下さいね。