おすすめのイベントも配信中です

【無料】キャノン、画像編集のアプリケーションを開発

キャノンから嬉しいお知らせです。撮影した画像の閲覧や編集、現像を行うためのipad用のアプリケーションが新たに開発され2018年10月下旬から無償で提供される予定。

第1弾となるのは、“Digital Photo Professional Express Version 1”です。

作品づくりを追求できる「ipad用のアプリケーション」

WEB広告やSNSの拡大によって従来の印刷媒体での出力だけでなく、スマートフォンやタブレット端末などのディスプレイで表示する機会が増加。

そのためモバイル環境でのRAW現像によって、作品づくりを行うユーザーのために開発されたアプリなのです。

ipadなら便利に持ち運びができ、編集したい時にすぐ画像編集を行うことが可能となっています。さらにタッチパネルで色(色相、彩度など)の変更やディテール(ノイズリダクション、シャープネスなど)繊細な調整が操作できるのも、嬉しい。

対応しているipadは、iOS 11以降の搭載RAM容量2GB以上のiPad(iPad Pro全モデル/iPad(5th)/iPad(6th)/mini4/Air2)です。

Digital Photo Professional Express Version 1は、CR3でキャノン独自のRAWフォーマット。対応している機種は、「EOS Kiss M」(2018年9月5日現在)、「EOS R」(2018年10月下旬発売予定)となっています。

順次追加される予定で、次のバージョン以降は、有償となる可能性があります。

詳細については、キャノンのホームページをご覧ください。

INFO/画像提供/キャノン株式会社
URL:https://cweb.canon.jp/eos/index.html