おすすめのイベントも配信中です

神戸・北野に新しい新名所が誕生!観光スポット情報も一緒にお届け

© 2018 Peanuts Worldwide LLC 

北野は、日本と外国の文化が混在した情緒あふれる街。ここには世界一の朝食を提供しているホテルをはじめ、老舗の珈琲店などがあります。

そして、スヌーピーファンにはたまらない!新たな観光名所になる注目のホテルが、2018年8月1日(水)にグランドオープンしています。いちどは行ってみたいホテル「PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)」もご紹介したいと思います。

神戸・北野にある独自の文化

日本の中心部に位置する神戸は、田園地域と瀬戸内海に囲まれ農業だけでなく、漁業も盛んな地域。また港町でもある神戸には、独自の食文化があります。

2015年からは地産地消を軸に「食都 神戸 2020」構想を掲げ、神戸の食を世界へ発信し続けているのです。

ひとつの取り組みとして神戸市三宮の東遊園地では、土曜日の朝にFARMERS MARKET(ファーマーズマーケット)を開催。

毎日地産のものを手に取れる場所としてFARMSTAND(ファームスタンド)は、毎週から毎日へをコンセプトに神戸市内の農水産物や美味しい食材が販売されいます。

またこちらのマーケットでは、カフェスペースもあり弓削(ゆげ)牧場のソフトクリーム、神戸の天然水を使った地ビールやFARMSTAND製のスイーツ、神戸野菜がたっぷりの日替わりランチなどを楽しむことができますよ。

FARMSTAND(ファームスタンド)MEMO

〒650-0003 神戸市中央区山本通 1-7-15
営業時間:9:00~18:00

世界一の朝食が食べられるホテル「神戸北野ホテル」

ヨーロピアンスタイルの朝食は、スモール・ラグジュアリー・ホテル協会から賞賛を受けたもの。

地産地消の食材を使用し、飲むサラダと言われる200種類のレシピの中から日替わりで5種提供している野菜やフルーツのジュース、生コンフィチュールなどが提供されています。

神戸北野ホテル MEMO

〒650-0003
神戸市中央区山本通3-3-20 神戸北野ホテル1階
営業時間:朝食  7:00~10:00
定休日 :無休
電話番号:050-3177-4658

神戸の地元のひとたちには、Myパンがある?!

神戸には外国の食文化が発展した一つとしてパンがあり、食パンやフランスパン、ドイツパンなど個性的なパン屋さんが街にあふれています。

Ca marche(サ・マーシュ)では、焼き立ての香ばしいパンの香りがお出迎え。地元の方だけでなく遠方からも訪れるほどの人気店なのです。

こだわりの米粉を使用したパンのほか、ドライフルーツやナッツがたっぷり入ったパン、斬新なお惣菜のパンなど、サ・マーシュにしかないパンがずらりと並んでいます。

おすすめは、シェフお手製のフレッシュな季節のジャム。ぜひ、神戸を訪れたときには立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Ca marche(サ・マーシュ)MEMO

〒650-0003 神戸市中央区山本通3-1-3
営業時間:8:00~18:00
定休日 :火曜日、水曜日
電話番号:078-763-1111

9月からはリフレッシュオープン予定です。

日本初!会員制喫茶店がはじまりの珈琲店

1974年に開店したにしむら珈琲店は、各界の著名人などが会員となる有名なお店なのです。1995年の阪神大震災をきっかけに一般の方にも開放されるようになり、現在では気軽に訪れることのできる喫茶店として親しまれています。

にしむら珈琲店では、灘の酒造りに使用される銘水「宮水」でコーヒーを入れるため、まろやかな味わいのコーヒーを楽しめます。店内はアンティーク調の空間が広がり、歴史を感じながら優雅なコーヒータイムを過ごすことができますよ。

北野坂 にしむら珈琲店 MEMO

〒650-0003 神戸市中央区山本通2-1-20
営業時間:10:00~22:00
電話番号:078-242-2467

“お客さんが居ごこちよく思ってくれるうちをもってるのはすてきだな。”

“IT’S NICE TO HAVE A HOME WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE.”

PEANUTS Comic Strip:©1961 Peanuts Worldwide LLC

PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)のコンセプトになっているのは、PEANUTS(ピーナッツ)のコミック。

関西では初となる「PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)」やレストラン「PEANUTS DINER(ピーナッツ ダイナー)」も併設され、いちどは行ってみたいホテルとして注目を集めているのです。

1階は、PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)とレアなグッズを購入できるショップがあり、3階がPEANUTS DINER(ピーナッツダイナー)となっています。

4階~6階がそれぞれのコンセプトにあった部屋があり、「IMAGINE」フロア、7ルーム、「HAPPY」フロア、7ルーム、「LOVE」フロア、3ルーム+Special roomが用意されています。

客室は 「IMAGINE」「HAPPY」「LOVE」をテーマにしたフロアに分かれ、全部で18 室ある客室はすべて異なるコミックをコンセプトにしたデザインホテルとなっています。

できれば全部の部屋に宿泊してみたい!とファンなら思うのでしょう。そんな人気のコミックの魅力をいちどに体験できるホテルで、時代や世代を越えたピーナッツの世界を感じることができるはず。

2018年の予約が難しいホテルとして、ランクインしそうな予感がします。

神戸を訪れた際には、併設されている「PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)」やレストラン「PEANUTS DINER(ピーナッツ ダイナー)」を訪れてみてはいかがでしょうか。

宿泊しない場合でも利用できますが、「PEANUTS DINER(ピーナッツ ダイナー)」はオープン当初は混み合うため、予約が必須となっています。

ぜひ、公式サイトをチェックしてみて下さいね。

PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)MEMO

〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-26MAP

INFO/画像提供/一般財団法人 神戸観光局