>
おすすめのイベントも配信中です

機内持ち込み用のスーツケースに追加料金がかかるワケ

Photo by Pietro De Grandi on Unsplash

旅行に行くときにあると便利なスーツケース。

スーツケースといっても旅の期間や利用する飛行機によっても、選ぶ大きさが違うのです。

そして1つあると便利なのが、機内持ち込み用のスーツケース。

今回は、「機内に持ち込みができるスーツケースのサイズと重さ」を航空会社別にリサーチしてみました。

機内に持ち込みができるスーツケース「ANA」の場合

Photo by Ross Parmly on Unsplash

飛行機に荷物を持ち込むときは、スーツケースの重さやサイズに制限があり手荷物は1人1個までとなっています。

そして身の回り品を含めた総重量が、1人10㎏。

身の回り品とはハンドバッグやカメラ、傘などの手荷物のことで、おみやげなど空港で購入したものも手荷物としてカウントされますよ。

そのため、できるだけスーツケースに収まるようにしたいものですね。

スーツケースのサイズは飛行機の席数でことなり、キャスターやハンドルの長さも大きさに含まれています。

  • 100席以上の場合:3辺の長さ・幅・高さの合計が115cm以内で、3辺の長さが55cm×40cm×25cm以内
  • 100席未満の場合:3辺の長さ・幅・高さの合計が100cm以内で、3辺の長さが45cm×35cm×20cm以内

Photo by Melanie Magdalena on Unsplash

お店やネットショップでスーツケースを購入する場合には、こちらのサイズを見て選んでみてくださいね。

ほとんどのスーツケースは機内持ち込み用として販売されているので、いちばん小さいサイズを探せばまようことも少ないはず。

ただしANA(全日空)やJAL(日本航空)ではなく、LCCなどの格安飛行機を利用する場合には、このサイズと重さが異なるので自分の利用する飛行機に合わせて機内持ち込み用のスーツケースを探すことがポイントです。

LCC・機内持ち込み用スーツケースのサイズ

LCCはローコストキャリア(Low-cost carrier)を略した言葉で、ANA(全日空)やJAL(日本航空)などの大手に比べて、比較的運賃が安いのが特徴です。

さらに通常の飛行機よりも小さい飛行機を使用しているため、機内に持ち込みができるスーツケースのサイズが小さい場合があるので事前に調べて準備しておくと安心です。

いざ空港に行って機内持ち込み用のスーツケースを機内に持ち込めず、大切な会議などに遅れることは避けたいところ。

また機内にスーツケースを持ち込むことができない場合、追加で料金がかかります。

これはチェックしておいた方が良さそうですね。

ジェットスター・機内に持ち込みできるスーツケース

Photo by ian dooley on Unsplash

ジェットスターで機内に持ち込みできるスーツケースと手荷物は、合計7Kgまで。

ただしエコノミークラスとなる「Starter FlexiBiz」またはビジネスクラスやオプションの追加によって、14㎏まで持ち込むことが可能です。

また手荷物1個あたりの重量は、10㎏を超えないことが条件となっています。

  • オプションを利用できるのは、先着順です。場合によっては、受付されないことがあります。オプションの料金は予約時に支払う方が割安になるため、早めに相談した方がよさそうですね。
  • サイズ:長さ36cm×幅36cm×高さ56cm

このサイズには、ハンドルやポケット、キャスターなども含まれるサイズとなっています。

ピーチ・機内に持ち込みができるスーツケース

Photo by Ales Krivec on Unsplash

機内に持ち込みができる手荷物の規定サイズは、身の回りのものと手荷物と合わせて2個までとなり重さは合計7Kgまでとなっています。

また2個以上の手荷物を預けたい場合や機内に持ち込みができるサイズ、重さが規定外の場合には、受託手荷物料金を支払う必要があります。

  • サイズ:長さ40cm×幅25cm×高さ50cm

サイズには、キャスターやハンドル、ポケットなどの付属品も含まれています。

また機内の収納スペースの都合により、3辺の合計が115cm以内の手荷物でも上記サイズを超える場合には、機内に持ち込みができないのでご注意を。

バニラエア・機内に持ち込みができるスーツケース

Photo by Tom Gainor on Unsplash

機内に持ち込みができる手荷物は1人1個と、身の回り品1個の合計2個となっています。

重量は、2個合わせて合計7Kg。

  • サイズ:長さ40cm×幅25cm×高さ55cm

また三辺の合計が203cm以内で、一辺の長さが120cm以内の大きさであることが必要です。

バニラエアで「コミコミバニラ」というプランであれば、20㎏以下の荷物で追加料金はかかりません。

21㎏以上~100㎏の場合には、5㎏ごとに1,000円の追加料金が発生します。おみやげなどを購入して荷物が多くなったときには、荷物追加の申請はスマホから行うことができますよ。

  • バニラエアは、ほかのLCCと比較して手荷物検査が少し厳しいようです。そのため機内持ち込み用のスーツケースでも、軽量タイプを探してみましょう。

機内持ち込みできるスーツケースのサイズを比較した結果

Photo by Annie Spratt on Unsplash

ANAやJALと比較してみると、LCCは比較的チケットが安く飛行機の大きさも小さいため、機内に持ち込みができる重さも軽め。

また、スーツケースのサイズも小さめとなっています。

さらに座席の数によっても機内に持ち込みができるスーツケースのサイズが異なるので、自分が乗る飛行機の大きさ(100席以上または100席未満)をあらかじめ知っておき荷物を用意することが重要に。

せっかくLCCを利用して格安の航空チケットを購入しても、空港の手荷物検査で重量やサイズによって追加料金を支払うことになるのは避けたいものなのです。

機内に持ち込みができるスーツケース・ブランド

少しでも軽量で、機内に持ち込みができるタイプを厳選してみました!

Photo by Harley-Davidson on Unsplash

「Langxj hj 」 価格9,980円

メインの素材はポリカーボネート、ABS樹脂、アルミニウムで、約2.8㎏。

サイズは長さ38.5cm×幅20.5cm×高さ56cm、容量35L、3年保証つき、カラーは3色展開です。

「Reezu」価格7,180円

メインの素材はポリカーネート、ABS樹脂で、約2.9㎏。

サイズは外寸で長さ36cm×幅22.5cm×高さ54.5cm、容量38L、1年保証つき、カラーは3色展開です。

「Alemart」 価格28,800円

素材には、ドイツバイエル社のポリカーネートを使用したモデルで、約3.5㎏。

留め金部分には高強度のアルミ、マグネシウム合金フレームが採用されています。

サイズは長さ35cm×幅23cm×高さ55cm、容量35L、2年保証つきで、カラーは3色展開です。

指紋認証つきなので、パネルに指をあてることで簡単に開錠することが可能となっています。

指紋の登録は、指紋認証パネルの裏側にあるバッテリーの隣にある小さな穴に細い棒(ボールペンなど)を差し込みます。次に緑のランプが点滅するので、キャリーケースを開けた状態で、指紋認証パネルに登録する指を置きます。この操作を3回繰り返して、登録が完了です。

さらにキャリーケースのファスナーポケットの中には、USBケーブルが用意されているので、いつでも充電ができますよ。

 Amazonでみてみる

機内に持ち込みができる!スーツケースのサイズと重さ

Photo by Mantas Hesthaven on Unsplash

ANA(全日空)やJAL(日本航空)では、持ち込めるサイズがLCCよりも大きめなことがわかりました。

また飛行機の座席が100席以上あるかどうかによっても、機内に持ち込むことができるスーツケースのサイズが異なるので、実際に利用する飛行機の便を確認する必要があります。

LCCでは持ち込みができるスーツケースのサイズが小さめ。また持ち込みたい荷物の重さによって別料金が発生するので、あらかじめスーツケースの重量を考えて軽量タイプのスーツケースを用意するのもおすすめです。

スーツケースの重さが軽いタイプを選ぶと、強度を保つのも限度があるようです。

Photo by Harley-Davidson on Unsplash

軽さをとるか強度をとるかによって、スーツケースを選んでみてはいかがでしょうか。頑丈で多機能なタイプのスーツケースは、価格設定も高めとなっています。

気になるのは、指紋認証機能。スーツケースもさらに便利に、使いやすいタイプが増えていくのかもしれないですね。

コスト重視なら、スーツケースをレンタルするという方法もありますよ。

スーツケースのレンタルも考えてみる