おすすめのイベントも配信中です

テントが強い風に耐えられるのか、モンベルの人に質問してみた!

少しずつ楽しい夏が近づいてきましたが、現状としては素直に喜べないのも事実。

キャンプができる日を心待ちにしつつ、時間があればテントをリサーチするのが最近のひそかなブームとなっています。

最初に気になったのが、有名どころのブランド「モンベル」のテント。

そしてリサーチしているうちにテントが受ける風のことが気になったので、少しモンベルの方に質問をしてみました。

まずは自分のリサーチ過程を、考える図にしつつ紹介してみたいと思います。

Photo by Jérémie Crémer on Unsplash

前回は、モンベル ムーンライト テントについてリサーチ

Photo by Lê Tân on Unsplash

モンベル ムーンライトテントの耐水圧は約2,000mm、フロアテントは約1,500mm。

これはリサーチした結果、中程度の雨に耐えられるという内容でした。

今回疑問に思ったことは、風速

雨(1時間の雨量)と風(平均風速)について考えてみる

小雨は数時間続いても1mm未満、弱い雨は3mm未満となっています。

この表は気象庁が提示しているデータをもとに作成したもので、やや強い雨なら10~20時間、6~10時間の雨にテントが耐えられるという計算に。

ただこれは同じ状態の雨が続いた場合なので、さらに強くなることや雨が弱く少なくなる場合は、ことなります。

やや強い雨 10mm以上20mm未満 ザーザーと降る 10~15 m/s

~約60km/h

やや強い風

(傘がさせなくなる)

強い雨 20mm以上30mm未満 どしゃぶり 15~20 m/s

~約70km/h

強い風

(風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る)

激しい雨 30mm以上50mm未満 バケツをひっくり返したように降る 20~25 m/s

~約90km/h

非常に強い風
非常に激しい雨 50mm以上80mm未満 滝のように降る 25~30 m/s

~約110km/h

モンベル・ムーンライトテントの耐風性について

出典:モンベル公式ホームページ

ムーンライトテントがどのくらいの風に耐えられるのか気になっていたので、実際にサイトを検索してみると…

耐風についてはモンベルが独自に実証しているもので、フィールドテストや風洞実験施設によって耐風試験を繰り返し行っていることが分かりました。

これによってテントの生地やポールにかかる圧力を評価しているのです。

でも..よく分からないので、モンベルの方に質問をしました!

モンベルの担当者が答える!ムーンライトテントの耐風性について

ご質問いただきましたムーンライトテントは風にはどの程度強い製品であるかでござ
いますが、通常のテントサイトで受ける風であれば十分対応しており、いわゆるやや強い風であ
れば大丈夫でございます。(必ずペグをご使用下さい)

なるほど…これによると「やや強い風」であれば大丈夫ということに。

やや強い風は気象庁が提示している10~15 m/s(~約60km/h)で、傘がさせなくなる状態です。

実際の問題として考えると、傘がさせなくなる以上に悪天候でキャンプをすることが一般的にはないので、ムーンライトテントで十分!耐風性があるということになりそうです。

また「必ずペグをご使用下さい。」とコメントをいただいています。

さらに登山など過酷な状況で、テントを張るなら

モンベルの方にコメントをいただき、さらに風に強いテントを提案してもらいました!

今回リサーチしたムーンライトテントよりも、風に強い「ステラリッジテントシリーズ」です。

またムーンライトテントに比べて風に強い商品としてはステラリッジテントシリーズ
(例:ステラリッジテント本体1型♯1122648及びレインフライ♯1122653)がござい
ます。

Photo by Kevin Schmid on Unsplash

対応シーズンが春から冬で、雪山やカヌーツーリングに最適な商品。

このステラリッジテントシリーズは、人が何かにつかまっていないと立っていられないほどの強風にも耐えられることが実証されています。

気象庁の「風の強さと吹き方」の表を参照すると、この状態は強い風にあたり高速を運転している中では、横風に流される感覚が大きくなる状況です。

あくまでも目安になるので天候によって状況は変化していくとは思いますが、かなり過酷な環境下でのキャンプを想定できそうですね。

 

基本的にはバイクでツーリングキャンプのテントをリサーチしているので、今回の「ステラリッジテントシリーズ」までの性能は必要ないことが分かりました。

モンベルのご担当者の方、参考になる提案をいただきありがとうございます!

それでも価格帯としては27,500円(税抜)からなので、悪天候となった場合のキャンプの備えも欲しい方は、「ステラリッジテントシリーズ」を選んでみても良いかもしれないですね。

ムーンライトの価格帯については、前回の記事「【考える図】モンベルの「ムーンライトテント」を妄想する」を参考にしていただけると助かります。

アクアラインをバイクで走るときに、風が強いと…

Photo by Mak on Unsplash

バイクでよく通る道として海ほたるのアクアラインがあるのですが、ここも風が強いと横に流されます。

いまのバイクで購入したての頃、通りましたがテントをリサーチしていたら…怖かったのを思い出しました。

それからも懲りずに何度となく利用している道なのですが、走っていると海の上を走っている感覚を楽しめる!ので最高なのです。

さらに海ほたるは、バイク乗りには優しく駐車場もしっかり確保されていることがおすすめポイント。警備員さんの誘導のもと、屋根付きの場所に停めることができますよ。

感謝。

悪天候でアクアラインを通るのは、例えば…風速7mの状態では危険ですが、少しの雨宿りなどで利用するのには最適です。

ツーリングの帰りに疲れたときや、トイレ休憩、水分補給、ツーリングルートの確認など。

便利で楽しすぎるルートが、アクアライン経由!

mont-bell モンベル ステラリッジ テント1 レインフライ タイム(THYM)#1122653