おすすめのイベントも配信中です

人気の観光スポット!次の旅は江ノ電に会いに行こう

観光客に人気の場所、江の電。

休みの日になると、連日スマホやカメラを持った人が江ノ電にあつまり、ベストショットを撮影している姿をみかけます。

国内だけでなく、海外からの旅行スポットにもなっている江ノ電から新しいプロモーションが発表されていますよ。

第4弾となる「江ノ電で、会いにゆく。」

小田急電鉄株式会社、小田急グループの江の島電鉄株式会社が発表した、江ノ電のキャンペーン。

2015年から開始されているキャンペーンで、江の島・鎌倉エリアにある「モノ」「コト」「ヒト」などにふれて楽しむことをコンセプトにした企画。

新しい旅の体験や魅力を提案することを目指し、2015年度のポスターは、第64回日本観光ポスターコンクール(主催:公益社団法人 日本観光振興協会)でグランプリの「国土交通大臣賞」を受賞。

2017年度には、第56回JAA広告賞(主催:公益財団法人 日本アドバタイザーズ協会)のデジタル部門において入賞しています。

今回は第4弾となり、2018年6月18日(月)から順次展開されます。

「江ノ電で、会いにゆく。」MEMO

江の島・鎌倉エリアの魅力的な音をテーマにしたスポットを紹介

年4回、小田急線各駅や江ノ島電鉄各駅、小田急線通勤車両 などで季節ごとに展開する予定となっています。

プロモーション動画のタイトルは、「SOUNDGENIC ENODEN」

約2分半ほどの長編と、各40秒から1分ほどのテーマ別短編を配信予定。

音をテーマに、江の島・鎌倉エリアの魅力を発信するというものなのです。

公開されるのは、ここ!

  • 小田急線列車内液晶ディスプレイ「小田急TV」
  • 江ノ電列車内ディスプレイ
  • 観光情報サイトの「江の島・鎌倉ナビ」 (http://enokama.jp/)
  • 「江の島・鎌倉ナビ」公式Facebookページ、Instagramページ など

観光スポットになっている江の島にも、休日になると多くの人があつまる場所。

次の旅行やおでかけプランとして「江ノ電で、会いに行く。」というのもいいですね。