おすすめのイベントも配信中です

TIME誌おすすめ!チームラボボーダレスが「世界で最も素晴らしい場所2019」に選出

2001年から国際的に活動を開始している、チームラボ。

集団的な創造によって、アートやサイエンス、テクノロジー、デザインなどを追求しているのです。

その素晴らしい作品に携わっているのは、アーティストだけでなく、プログラマやエンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など様々な分野のスぺシャリストから構成されているのも特徴的。

そして今回、チームラボボーダレスが「世界で最も素晴らしい場所」に認定されたのです。

米国のTIME誌

米国の国際的なニュース雑誌として知られている「World’s Greatest Places 2019(世界で最も素晴らしい場所 2019年度版)」。

2018年から始まった企画としてTIME誌がおすすめする、今すぐ体験すべき世界100の新目的地として紹介されています。

選出するのは、全世界のTIME誌の編集者、特派員、専門家たち。

美術館やテーマパーク、レストラン、ホテルなど複数の候補地から、クオリティやオリジナリティ、持続性、革新性、影響力などを考慮し、厳選されています。

今回のTIME誌「World’s Greatest Places 2019」では、この他に米カリフォルニア・ディズニーランドパーク内のテーマランド「ギャラクシー・エッジ」やニューヨークのアートセンター「The Shed」などが選ばれています。

世界の最も優れた文化的施設「チームラボボーダレス」

2018年6月に東京のお台場に開館した、チームラボボーダレス。

なんと開館から1年で、世界160以上の国と地域から約230万人を動員しています。

この記録は、単独アーティストの美術館としては、オランダのアムステルダムで行われたゴッホ美術館の記録216万1160人を上回っているのです。

これは、世界最大規模の年間来館者数!

そして、第25回ティア・アワード「アウトスタンディング・アチーブメント賞」(2019年4月)を受賞しているのです。

さらに2019年の秋には、中国の上海・黄浦濱江に複雑で立体的な巨大ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館し、チームラボボーダレスのコンセプトを拡張しています。

これからも益々、活躍が楽しみなチームラボ。

その他にチームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されていますよ。

teamLab is represented by Pace Gallery.

チームラボボーダレスの世界

チームラボボーダレスは、境界なくつながっていく作品群による1つの世界。

1歩ずつ進むごとに別世界の空間を体感でき、何とも幻想的なのです。

TIME誌のコメント

 

「視覚的なプロジェクションと物理的なインスタレーションを組み合わせた、イマーシブ(没入的)な空間だ。

来館者は風にそよぐ草原を彷徨い、無限のクリスタルワールドを探索し、宇宙間を飛び跳ねることができる」

MEMO

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス

#チームラボボーダレス  #teamLabBorderless

場所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン 2階)
時間:平日 10:00 – 19:00、土日祝 10:00 – 21:00
休館日:第2・第4火曜日
料金:大人(15歳以上)3,200円、小人(4〜14歳)1,000円、障がい者割引 1,600円

INFO/画像提供/チームラボ
URL:http://teamlab.art/jp/