おすすめのイベントも配信中です

新規顧客に発信!バリューコマースでコスト削減

もっと顧客を増やしていきたい!お店を開業したのはいいけれど、何となく売り上げが伸びないと悩んでいる経営者の方へ。

最初の一歩として、大切なことは現在の状況を分析することなのです。でも一体どうやって、分析すればいいのでしょう。

できればコストを削減して効率よく売り上げをアップさせていきたい。そんな悩みを抱えている方へ、今回は少しでも役に立つ情報をお届けしたいと思います。

どの広告を選ぶのか?という悩み

広告には、テレビやラジオ、新聞、雑誌、メルマガ、ネット広告などがあります。

日本の広告費は2012年から6年連続で上昇し、2017年には6兆3907億円。新聞や雑誌、テレビメディア、ラジオなどは横ばい、若しくは減少傾向です。交通や折り込み、DM、フリーペーパーマガジンなども減少傾向ですが、展示や映像だけが微増。

インターネット広告費は、マスコミ4媒体広告費(43.7%)と比較すると約半分ほど(23.6%)ですが、3年連続で増加しています。

今後は、さらにモバイル視聴による動画広告が増加していくと予想されています。

マス媒体といわれる新聞や雑誌に関してもデジタル化傾向にあり、SNSを活用して情報の配信を行うなど、アナログ要素を残し運営されています。

データの蓄積とAIの導入が進むことで、より個人にあった広告が配信されるでしょう。

広告出稿の一つの選択肢!アフィリエイト広告

メディア登録数70万を誇り、バリューコマースが提供するサービスがアフィリエイト広告です。

国内最大級となるメディアネットワークに登録されているのは、目視によって審査されたサイト。2002年からのデータによると、年間2,000万件から2015年には年間6,000万件の注文数を記録しています。

バリューコマース アフリエイトを利用している企業には、「価格.com」や「JAL」、「ANA MILEAGE」、「トラベルコ」など幅広いジャンルの企業によって導入されています。

アフリエイト広告とは?!

コストが抑えられるというのが最大のメリット。

ユーザーが広告をクリックすることで、指定した成果要件を満たした場合に報酬としてメディアに費用を支払う仕組みなのです。

そのため例えば商品の購入を成果の対象にすると、商品が売れた場合にのみ成果報酬が発生し、広告の掲載、広告表示、クリックがすべて無料となります。

成果報酬型広告とも呼ばれ、その他に資料の請求やサービスの申込みを成果要件とすることも可能です。

企業規模に関わらずインターネット広告として、新規の顧客獲得や売り上げアップを目的として利用されています。

さらにアフィリエイト広告が選ばれる特徴として、売上に応じて広告費用が連動すること、掲載するメディアに応じて報酬額を設定することができるのです。

バリューコマース アフィリエイト  料金プラン

プランには2つあり、プレミアムサイトに掲載できるプランとクレジットカードで決済できるライトプランがあります。

アフィリエイト広告を試してみたい場合には、ライトプランがおすすめです。クレジットカードでの決済が可能で初期設定費用は無料です。

スタートアップ企業にとっては、できるだけコストを抑えたいもの。導入時のコストを削減し効率的に広告出稿ができますよ。

ライトプランの基本プラン費は、スタート月は無料で前払いデジポット形式の35,000円。成果報酬は成果にともなって変動し、35%が手数料となります。

開始前の入金額として、月額基本プラン費1カ月分とデジポット5万円分の費用が必要で、ウェブプログラム1つでの利用が可能です。

ベーシックプランでの支払い方法は、銀行振り込みとなり後払いの形式となります。

基本プラン費用としてスタート月は無料で、5万円。成果にともなって変動する手数料は31.5%となり、ライトプランより安い設定です。開始前の入金額も無料となり、利用可能プログラムにEメールとウェブサービスプログラムがそれぞれ利用することができますよ。

さらにプレミアムサイトへの掲載を案内してもらえるサービスつきです。

どちらのプランも最低利用期間が6ヵ月となっており、何か不明な点についてはオンラインでのサポート体制が整っています。その他有料でのオプションサービスもあるので、気になる方は資料をじっくり見て検討してみて下さいね。

バリューコマース アフリエイトサービスを開始するまでに、最短で1週間で導入が可能なので、スタートアップ企業にもおすすめのサービスです。