おすすめのイベントも配信中です

ツーリングで走るときのシューズ選び!やっぱりこのブーツかも

バイクの免許をとった頃は、正直格好なんて気にしてなかった気がします。

それこそ、サンダルで運転していたことも…

反省してます。

そんな時期を乗り越え、いまは危ないことが分かっているので。

しっかりライダーとして安全なシューズを、もちろん選んで履いているつもりなのです。

今回は、バイクの免許をとって何を履けばよいのか迷っている方向けに、体験談とおすすめショップなどを紹介したいと思います。

サンダルで運転すると、何故危ないのか

もちろん!しっかりとしたライダーさんなら分かっているとは思いますが、転倒したときのリスク。

肌が露出していれば、衝撃をそのまま受けることになるので、擦りキズだけでは済まないこともあるのです。

バイクでの事故は、駐車場から出てくるクルマと接触したことがありますが、けっこう飛びます。

たぶん…時速30kmくらいしか出ていなかったはずなのですが。

バイクは衝撃に弱い乗り物。

そのため、肌の露出は控えた方がよいのです。とはいってもちゃんとしたアイテムを全てそろえるとなると、コストもかかります。

事故を避けるためにも、安全運転に限りますね。

カジュアルで履きたくなるシューズ

個人的に好きなブランドなのですが、コンバース。

気に入ってバイクを運転するときに、履いていました。

カジュアル性も高く、普段のファッションにも合わせやすいアイテムなのでおすすめなのですが…

バイク用のシューズではないので、難点があります。

  • 消耗するのが、早い。
  • 紐がほどけると、転倒する可能性がある。

バイク用のシューズの特徴は、ギアを変える甲部分が補強されていること。

見た目にもすぐにわかるデザインとなっているところが、あまり好きではなく…

カジュアルなファッション性の高いコンバースを愛用していたのですが、左のギアを変える部分だけが破れてくるのです。

運転操作の仕方もあるのかもしれないのですが、けっこう消耗が早く汚れがめだってきます。

お気に入りの靴だけに、悲しい…

その他に、紐がほどけてバイクに引っかかることがあるので注意が必要です。

走行中でスピードが出ている状態であれば、事故の原因となることもあります。

安全を考えると、やっぱりライディングシューズなのかもしれないですね。

エンジニアブーツが楽しいワケ

コンバースの次に好きなブーツとして導入したのが、エンジニアブーツ。

脱ぎやすくて、お手入れも楽しめるブーツなのです。

シンプルなのでカジュアルなファッションにも合わせやすいのも気に入り購入しました。

難点は、防水ではないこと。

そしてギアを変える部分が、少しずつ劣化して色が白くなってきます…

もちろんライダー専用のモデルの場合には、最初から補強をしていあるタイプもあるので、劣化を防いで長く愛用するなら!

最初から補強をしてあるタイプを選ぶのが良いかもしれません…

とはいっても、ツーリングから戻ってきてお手入れをするのもホッと癒されるひととき。

この時間があることで少しずつ愛着がわいてきて、大切にしたくなるのです。

革靴も長く愛用するという意味では、選択肢のひとつにするのもおすすめ。

メンテナンスをするために防水スプレーや革のクリーム、ブラシなど、少しずつメンテナンスグッズを揃えていくのも楽しくなりますよ。

いまどきのワークマンで、ライダー用のブーツはあるの

ワークマンは、よく行くショップ。

安いだけでなくカラーも豊富で、デザイン性も気に入っています。

コストパフォーマンスが良いのは大切ですね。

本当ならワークマンプラスに行きたいところなのですが、穴場で面白い商品に出会えるのは既存のワークマン店舗。

意外と掘り出し物を見つけることができるので、おすすめです。

ただし靴のサイズが小さめの方は、種類が選べないかもしれないので、そこだけが難点。

靴の規格を小さめサイズからにしてもらえると、嬉しいと思います…

ついこのあいだワークマンで見つけたお気に入りのブーツは、業務用のブーツ。

靴の先端に硬い素材が入っているので、その部分でギアを変えることができる!

さらに高さもあるので、足つきの悪いバイクでも運転しやすくなります。

最初は、慣れるまでギアが変えづらく感じるかもしれませんが…結構気に入って履いています。

このブーツは、雨に濡れても浸透せず、見ためのデザインもGOOD。

そして横にファスナーがついているので、脱ぎにくいブーツの特徴をクリアしている商品なのです。

これはさすが!ワークマンさんと言えるでしょう。

とはいってもライダー専用のブーツではないです…

これからも、ツーリングに行くたびに1軒はのぞいていこうと思っているお店。

最終的に行きつくのは…やっぱりこのライディングシューズなのかも

バイクを運転するときに、いろいろなシューズを履いてきましたが、最終的にはメーカーのライディングシューズに勝るものはない…という気がしています。

でも、安い買い物ではない…

通気性や防水性、耐久性、足の保護など、ライダーの運転操作など、考えつくされたデザインなのです。

これは少し高くても、仕方がない要素。

最近見たなかでおすすめのメーカーは、アルパインスターズの新作です。

デザイン性も高くカラフルなタイプもあるので、見ているだけでも楽しくなるシューズが勢ぞろい。

これならカジュアルなスタイルにも合わせやすい!と思います。

すぐ隣にグローブも展示されていたのですが、これがまたカッコいい。

いま使用しているグローブは、結構長く使っているものですが、プロテクターなどの装備はついていないタイプ。

転倒したときのリスクを考えると、やっぱりプロテクター入りのモデルが必須なのかもしれないですね。

安全運転で、長くバイクに乗るためには必要な装備品たち。

劣化が進んできたら、買い替えも検討したいところなのです。