おすすめのイベントも配信中です

アプリがもっと便利に!進む「キャッシュレス化」時代

株式会社みずほ銀行と東日本旅客鉄道株式会社が提案する、「Mizuho Suica」。

Apple PayとみずほWalletアプリを活用することで、店舗や交通機関での支払いがもっと便利になるのです。

2018年8月1日から提供開始のサービス

 

現在利用しているSuicaは、駅の販売機やコンビニなどでのチャージやクレジットカードでのチャージのみ。

駅や販売機でのチャージは、現金を銀行から引き出し入金することが必要です。

便利なクレジットカードでの支払いでは、定期券などの支払いであれば明細が記録されることもありますが、少額の場合に明細がわかりにくいということも。

銀行で一括管理をしている方であれば、みずほ銀行から「いつ、いくら支払いをしたのか」が記録として残ると、資産の管理がしやすくなりそうですね。

「Mizuho Suica」でもっと簡単!便利になる

 

キャッシュレスの決済をもっと簡単に使いたいというユーザーの声を反映し、みずほ銀行の口座から直接チャージが可能に。

1,000円以下の少額の決済にも対応し、「Mizuho Suica」の発行からチャージ、支払いまでを全てiphoneで管理することができますよ。

Apple Payの安全性と紛失時の対応

Apple Payはデバイス固有の番号と独自の取引コードを使用するため、自分のデバイス上やAppleのサーバーにもデータが保存されることがありません。

支払いをするときも、カード番号を加盟店が知ることができないシステム。

もし紛失や盗難にあった場合でも、Suicaの残額を回復することが可能なのです。また、「Iphoneを探す」という機能を使用することで、iphone iPad Apple Watchを紛失モードにしApple Payの使用を一時的に停止できます。

さらにhttps://appleid.apple.com/jp/にサインインし、デバイスを遠隔消去しておけば自分のカードをリモート操作で削除することも可能です。

「Mizuho Suica」を利用するためには

 

「Mizuho Suica」のサービスを利用するには、個人での利用で普通預金口座を開設していることが条件。

対象となっている機種には、iphone 7 、iphone 8、 iphone X 、Apple Watch Series 2 、Apple Watch Series 3などです。

利用方法

  • STEP.1
    みずほWalletのアプリをダウンロード 
  • STEP.2
      Mizuho Suicaをアプリ上に発行し、登録
  • STEP.3
     Mizuho Suicaへみずほ銀行口座からチャージ
  • STEP.4
    全国のIC端末によって、iphoneをかざして利用や決済を行う

このサービスを利用するために、「Mizuho Suica」への銀行口座からのチャージ機能や利用手数料、発行手数料、年会費などの費用はかかりません。

チャージには、みずほ銀行口座からのチャージの他、Apple Payに追加されたクレジットカードや現金で「Mizuho Suica」へチャージする方法があります。

尚、「Mizuho Suica」は全国共通のIC乗車券として利用することが可能ですが、定期券やグリーン券、特急券には未対応となっています。

お財布をもたず、スマホだけで買い物ができる時代。

キャッシュレス化が進みもっと便利になりそうですが、セキュリティ対策や紛失時の対応については、知っておいた方がよさそうな気がします。

何十年か先の未来には、紙のお札や硬貨がレアなアイテムとなっていくのかもしれないですね。

INFO/画像提供/株式会社みずほ銀行
URL:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html