おすすめのイベントも配信中です

三ノ輪で8号店目!近未来のホステルへ、IoT体験なら「&AND HOSTEL」

スマートホステル®「&AND HOSTEL」は、and factory株式会社が運営しているホステル。

すでに7号店の「&AND HOSTEL ASAKUSA」が開業し、先月の2月15日には8号店の「&AND HOSTEL MINOWA」がオープンしたばかりなのです。

いったいどんなホステルなのでしょう。

今回は、話題のIoT体験ができるスマートホステル®をご紹介したいと思います。

世界とつながるスマートホステル

オリジナリティあふれるホステルで、コストパフォーマンスも良いことから高い稼働率を達成。

日本を訪れる観光客のニーズを考慮し、これからも続々と出店していく予定なのです。

スマートホステルで実現できること

IoTを活用するメリットとして、業務の効率化や宿泊体験価値の向上が挙げられます。

例えば…独自に開発されたIoTプラットフォームの「innto(イントゥ)」の導入によって宿泊客の知りたいことや、コンシェルジュに聞きたいことなど、よくある質問をスマートスピーカーが答えてくれるのです。

またスマートチェックインサービスを利用することで、タブレット端末から宿泊者がチェックインをすることが可能に。

STEP.1
予約を検索
事前に予約した内容を検索してみましょう。
STEP.2
宿泊者情報の入力
予約した時の情報を入力します。
STEP.3
署名
あとはしっかりサインするだけなのです。
 

これによって運営スタッフの業務負担が軽減され、紙による保管のコスト削減を実現。

チェックインのときの、新しいサービス

「&AND HOSTEL」では、チェックイン時に鍵ではなく専用のスマートフォンを貸し出してくれます。

これを使用して、鍵の開閉やテレビ、エアコンなど居室内のいろいろな家電の操作を行うことが可能なのです。

6つのモードで、快適空間がすぐに実現する

Wake up!」機能を使用すると、カーテンやスマートスピーカー、照明、テレビ、アロマディフュ―ザー、空気清浄機などが一斉に起動し、過ごしやすいモーニングタイムに。

その他には、「Sleep」、「I’m home」、「Go out!」、「Concentrate」、「Relax」モードがあります。

これは全部お試ししてみたい!機能ですね。

さらにクラウドデータとの連携によって、天候や防災情報の通知、ラウンジの混雑状況などをリアルタイムでお知らせしてくれるのです。

専用のスマートフォン、スマートスピーカーから操作ができるので、いつでも快適空間が実現できそうですね。

この体験をしてみたいなら、&AND HOSTELへ。

「&AND HOSTEL ASAKUSA 」MEMO

住所:東京都台東区西浅草3丁目28-11

  • つくばEX「浅草」駅A2出口から徒歩7分
  • 日比谷線「入谷」駅1番出口から徒歩10分
  • 銀座線「田原町」駅3番出口から徒歩13分

IoT Double Room(ダブルルーム) 7室 / Twin Room (ツインルーム)7室 / Smart Dormitory (ドミトリー)28床となっています。

「&AND HOSTEL MINOWA 」MEMO

住所:東京都台東区竜泉3丁目39-5

  • 日比谷線「三ノ輪」駅1a出口から徒歩5分

IoT Twin Room (ツインルーム)6室 / Deluxe Double(ダブルルーム) 4室 / Standard Double Room(スタンダードダブルルーム) 13室 /
Standard Twin Room (スタンダードツインルーム)4室となっています。

日常に&を届ける「and factory」

人々の生活を豊かにするサービスを提供することをミッションとしている会社です。

エンターテイメント、宿泊、ヘルスケアなど様々な領域でSmart phone事業の可能性を追求しています。

and factory会社概要

and factory株式会社(and factory, inc)
代表者  代表取締役社長 小原崇幹
所在地  〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-6-28住友不動産青葉台タワー1F、2F
設立   2014年9月16日
資本金  543百万円
従業員数 71名(2018年11月末現在)
ホームページ  https://andfactory.co.jp

INFO/画像提供/and factory株式会社
URL:https://andfactory.co.jp/