おすすめのイベントも配信中です

2020年4月公開予定!第25作目「ジェームズ・ボンド007シリーズ」にトライアンフ新型モデル登場

映画は、疲れたときやホッと一息つきたいときに観る趣味のひとつ。

そのなかでもバイクや車の映像が出てくると、自宅にいながら歓喜してしまうのです。

今回はトライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社から、気になる情報をお届けしたいと思います。

2020年4月公開予定

第25作目となるジェームズ・ボンド007シリーズ。

今回の作品となる「No Time Die」にトライアンフモーターサイクルズの新型となるTiger 900、Scrambler 1200が登場することに!

そしてトライアンフのデザインワークショップチームと撮影のスタントチームが協力し、劇中のアクションシーンのために新型のTiger 900とScrambler 1200が特別なモデルとして製作されています。

このモデルが映画のどのシーンで登場するのかは、観てのお楽しみということになりそうです。

トライアンフCEO・ニック・ブロアのコメント

劇中で使用された新型Tiger900

“トライアンフでは、最新のジェームズ・ボンドフィルム「No Time To Die」においてパートナーシップを結ぶことができ大変喜ばしく思っております。

トライアンフモーターサイクルズは、幸運にもこれまでに大ヒット映画で起用されることが多く、弊社のモーターサイクルは十分にアクションに対応が可能なので上映が楽しみです。

特に多くの期待が寄せられる新型Tiger 900のアクションシーンが楽しみです。”

ジェームズボンドのスタントコーディネーター・リー・モリソンのコメント

“トライアンフは、新型Tiger 900のプロトタイプを早い段階で提供していただいたので、新型Tiger 900の公式発表の前に主要3つのロケーションで撮影することができました。

岩かどのごつごつした場所や沼地の泥の中、高速走行、ビッグジャンプから様々な斜面での昇り降りと考えられるあらゆるシーンを撮影しました。

そのような状況の中、新型Tiger 900は、特にメカニカルの問題もなく難なく撮影をこなし、オンロードでもオフロードでも走行できることを証明した。”

トライアンフのモデルがどんなシーンで使用されたのか、参考になりそうなコメントなのです。

これからトライアンフのモデルを購入したい!と思っている人にとって、走行シーンを見ることができるのは貴重な機会となるかもしれないですね。

INFO/画像提供/トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
URL:http://www.triumphmotorcycles.jp/

広告