おすすめのイベントも配信中です

週末は「第46回東京モーターショー2019」へGO!見どころいっぱいのカワサキブース

「第46回東京モーターショー2019」が、10月25日(金)から11日間にわたってお台場周辺のエリアで開催!

来年のモーターサイクルショーも楽しみなのですが、まずはバイクを見るために!参加しようかと思っているところなのです。

第46回東京モーターショー2019

今年のカワサキモータースジャパン株式会社からは、Z H2、Ninja ZX-25R、W800、のワールドプレミア3機種をはじめ、今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝車であるNinja ZX-10RRを含む12台が出展予定となっていますよ。

スーパーネイキッドZシリーズ「Z H2」

高い出力と強烈な加速が魅力的なモデルで、日常の走行でも扱いやすいのが特徴的なのです。

998㎤水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンが搭載され、Z H2の専用となるエンジンをセッティング。

これによって低中速回転域でのスムーズな加速を実現しています。

また新設計となるトレリスフレームやフロントのサスペンションシステムを採用。

左右非対称のデザインや、フレームマウントのヘッドライトによって、これまでのZシリーズとは違う力強さのあるモデルへ進化しているのです。

これに先進的な電子制御技術、フルカラーTFT液晶のインストゥルメントパネル、スマートフォン接続機能などが装備され、ライダーのサポートシステムが充実しているのもポイント!

最新の技術を搭載し、さらにZシリーズの魅力を最大限に生かしたモデルとなっているのでしょうか。

これは実際に会場に行ってからのお楽しみとなりそうです。

Ninja ZX-25R

250ccクラスからは、2019年10月に並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデルが登場。滑らかな回転と新開発の249㎤水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンが搭載され、低中回転域でのトルクと高速回転域でのパワーを両立しています。

Ninjaシリーズの人気は健在で、免許を取得してから最初に選択できるほど乗りやすい車種なのではないでしょうか。バイク女子からも支持のあるモデルが、どのように次世代のバイクに変貌を遂げるのかみるのが楽しみなのです。

エンジンのサウンドや車体の設計、先進的な構造解析技術が投入され、250㏄クラスでは初の採用となるフロントサスペンションシステム「SFF-BP」、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションなどを採用。

これによって、スポーツ走行時における優れたコーナリング性能を実現しているのです。さらに「KTRC(カワサキトラクションコントロール)」、パワーモード、「KQS(カワサキクイックシフター)」などのライダーをサポートする技術が搭載されています。

W800

1966年に登場した「W」ブランドのレトロモデルで、2018年に発売された「W800 STREET/W800 CAFE」と同様の扱いやすさを誇る車種。

シルバーで仕上げられ、クロームメッキやスチール製のパーツを使用することで、クラシカルな外観を実現しています。

 

またツインエンジンによるエンジンサウンド、前輪19インチ、後輪18インチによってゆったりとしたハンドリングが楽しめるのも特徴的。

さらに出展ブースには、「TERYX KRX 1000」「Ninja 650」、2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで26年ぶりの優勝に導いたKawasaki Racing Teamの「Ninja ZX-10RR」、大排気量4ストロークマシン「W1」、さらにその前身となった「カワサキ500メグロK2」が展示されています。

また再生産を行う歴史車として「Z2」「Z1」用シリンダーヘッドを、2019年12月の受注の開始予定に先駆けて展示される予定です。

そして「近未来の一日」を体験できるとして、MEGA WEB会場の「FUTURE EXPO」では、水素チェーン開発の事例として、水素エネルギー国際サプライチェーンのジオラマ模型と神戸に建設中の液化水素受け入れ基地をCG仮想空間で体験できるVRコーナーが準備されていますよ。

古き良き時代から新しいモデルへと進化していくモデルまで、次世代のバイクにどんな未来が待っているのでしょう。

いずれにしても、バイクをこれからも楽しみたいと思うのです。

出展モデル・一覧

  • 「Z H2」(ワールドプレミア)
  • 「W800」(ワールドプレミア)
  • 「Ninja ZX-25R」(ワールドプレミア)
  • 「TERYX KRX 1000」
  • 「Ninja 650」」
  • 「Ninja H2 CARBON」
  • 「Ninja ZX-14R」
  • 「Z900RS」
  • 「KLX230」
  • 「Ninja ZX-10RR」(鈴鹿8耐優勝車)
  • 「650-W1」(歴史車)
  • 「カワサキ500メグロK2」(歴史車)
株式会社カワサキモータースジャパン MEMO

所在地:〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号
代表取締役社長:寺西 猛
設立:昭和28年12月15日

カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト
URL:https://www.kawasaki-motors.com/

カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/KawasakiJPN/
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn
YouTube:https://www.youtube.com/user/kawasakimotorsjapan

INFO/画像提供/カワサキモータースジャパン株式会社
URL:https://www.kawasaki-cp.khi.co.jp/motorshow2019/

広告