おすすめのイベントも配信中です

バイクの盗難から愛車を守るために、しっかり防犯対策を

グッドライダー防犯登録って?!

Photo by Vamshi Vangapally on Unsplash

聞いたことがあるグットライダー防犯登録とは、東京都二輪普及安全協会と警視庁が協力して実施しているもの。

交通安全とバイク盗難の抑止、早期の被害品回復などの効果を期待した制度なのです。

この制度に登録しておくと盗難の被害にあった場合、警察官がすぐに使用者を照会できるため、犯人を検挙することや被害の対象となっているものを返還してもらえることになります。

 

最近ではSNSによって、犯人の撮影や乗り捨てられたバイク情報を拡散することによって、犯人の検挙や持ち主が見つかることもありますね。

現在では125㏄以下のバイクは、区市町村役場への照会となっているため、夜間帯や休日の照会ができない状況となっているようです。

MEMO

警視庁 生活安全総務課 生活安全対策第二係

〒100-8929
東京都千代田区霞が関2丁目1番1号

こちらの情報についての質問は、直接問い合わせをしてみて下さいね。

バイクの盗難から愛車を守りたい!グッズで防犯対策を

警視庁の生活安全総務課、生活安全対策第二係でも紹介されているのが、防犯グッズ。

鍵穴をシャッターでガードすることで、工具などの差し込みができなくなるマグシャッター付きのシリンダーキー。

その他には、U字ロックやチェーンロック、ディスクロックなどが提案されています。

バイクを盗もうとする人に対して、狙われてしまったら対策をしていても仕方がない…とあきらめる前に。

そして愛車がなくなってしまわないように、何らかの対策をしておきたいものですね。

以前ツーリングで出かけたときに盗難対策としてバイクカバーをかける、チェーンロックを使用する意外に、バイクアラームをつけている方を見かけました。

このバイクアラームは、車体が揺らされたり移動すると警報音が鳴り響くというアイテム。

簡易的にディスクロック式で取り付けが可能なバイクアラームもありますが、購入前に注意したいのは取り付けるときにアラームが鳴らないようにできるかどうか。

取り付けが完了するたびに、大音量で鳴り続けると近所迷惑またはバイクの窃盗と間違われてしまうこともあるのでご注意を。

バイクショップなどで取り付け方法などを確認してから、購入することをおすすめしたいと思います。

1 2 3 4 5