おすすめのイベントも配信中です

想いをいつまでも!レアなマシンを次のオーナーへつなぐプロジェクト

好きなものは、…カッコよくて早いヤツ。

よく見る映画と言えば、ワイスピ(ワイルド・スピード)。

シリーズ化されている映画で、次なる新作の日本上陸を楽しみにしているところ。

おすすめは空からスポーツカーが落ちるシーンが最高!な、ワイスピシリーズのスカイミッション。

そして数々のスポーツカーが、豪快にクラッシュすることでも毎回話題となる作品なのです。

ぜひ、機会があったらご覧ください。

今回は、映画ではみられない貴重なクラッシクカーの情報をお届けしたいと思います。

英国発のクラシックカー専門誌『オクタン日本版』

2003年に英国で創刊した、クラッシクカーマガジン『Octane』の日本版。

2013年からは、1年に4回のペースで発行されています。

誌面では、美しいヴィジュアルや古い車のもつストーリーを大切しつつ、日本独自の解釈を加え再編集し、オリジナル製を追求しているのです。

世界的に価値のある車を取材していることで知られ、過去には数百万ドルで落札されたクラシックカーや特注のスーパーカーなどもあります。

自動車そのものの紹介だけでなく、そこにある物語やクラシックカーのあるライフスタイルを提案。

独自の視点で読者を獲得し、メディアとしても支持を集めている自動車雑誌なのです。

代官山にある蔦屋書店の車・バイクコーナーでは、最も売れている雑誌。

スーパースポーツカーが駐車場にさりげなく停まっているのを、見れるのもこの立地ならでは。

この書店にはバイク雑誌も数多くあるので、いちど訪れてみると楽しいですよ。

車の価値をもっと大切につなぐ!プロジェクトが始動

今回は新サービスとして、「ONE to ONE Program」を提供。

コレクションで価値のある車だけでなく、丁寧に次のオーナーへ仲介していくというプログラムなのです。

第一弾は、日本人のカーデザイナー・奥山清行氏が製作したスペシャルカー。

真っ赤なボディの1台は、フェラーリ599をベースにした「kode57」で3台しかないレアなマシンなのです。

さらにメタリックシルバーに輝く1台は、ランボルギーニ・アヴェンタドールをベースにしたkode0でワンオフモデルとなっています。

『オクタン日本版』と『octane.jp』で紹介され、次のオーナーへ

2つの媒体では、この貴重な2台を所有している現オーナーから、車に対する愛情やストーリーを取材して掲載。

車のもつ歴史を丁寧に取材することで、次の時代へ貴重なマシンを引き継いでいくというものなのです。

ONE to ONE Program for The Supreme Car 仲介サービス

  • 現在のオーナーから委託を受けた車両の販売は、まず『オクタン日本版』(発行元:株式会社SHIRO)が事前に取材。
  • 購入を検討する場合には、販売金額など車両の情報を共有。
  • 条件が整い次第、実車を確認。
  • 購入の意思が確定した場合、三者間(販売者・購入者・株式会社SHIRO)で契約を締結。
  • 契約が成立した場合、その金額を株式会社SHIROに振込み。
  • 登録する場合は、納車後速やかに名義変更を行う。
株式会社SHIRO MEMO

TEL: 03-5790-9035 MAIL: info@ccccll.co.jp

INFO/画像提供/株式会社SHIRO
URL:https://octane.jp/