おすすめのイベントも配信中です

「 LOUANGE TOKYO」のチョコレートで贅沢なひとときを!

少し疲れたときや、まったりした休日を過ごしたいときに。

美味しいスイーツがあると、かなり癒されるのです。

甘いものが好きな人にとっては、スイーツは贅沢な時間を過ごすための必需品ともいえるのではないでしょうか。

今回は、ちょっと豪華で高級なお店として東京六本木にある洋菓子店「 LOUANGE TOKYO(ルワンジュ 東京)」をご紹介したいと思います。

プレミアムなチョコレートに出会える場所!

 

まるで美術館のような入口になっている「 LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)」。

何となく入りづらい雰囲気なのですが、扉を開けるとずっと見ていたくなるようなスイーツがずらりと並んでいますよ。

このお店には、斬新なデザインのショコラやプレミアムな生チョコレートがあり、食べるのがもったいないと思えるほど。

どれをとっても一つ一つ丁寧に作られているので、見て楽しむ作品のようなチョコレートたちに出会えます。

フランス生まれのお菓子「ORANGETTE QUATRE」

 

オランジェットはフランス語で、砂糖に漬けた柑橘類の皮をチョコレートで包んだお菓子です。

チョコレートは、「PLAIN(プレーン)」「COFFEE(コーヒー)」「CARAMEL(キャラメル)」「WHITE(ホワイト)」の4種類ありますよ。

「ORANGETTEQU ATRE(オランジェット キャトル)」には国産のオレンジと4種類のブレンドされたチョコレートが使用され、自然のなかで育てられたオレンジには甘みや酸味のほかに程よい苦みがあるのが特徴です。

PLAN(プレーン)に使用されているマカライボ65%ショコラは、2014年にイタリアンアカデミーオブチョコレートで世界第1位を獲得。

COFFEE(コーヒー)の風味と濃厚なCARAMEL(キャラメル)風味も絶妙な美味しさです。

WHITE(ホワイト)には、カラフルなフランボワーズとピスタチオがアクセントにちりばめられ、見ているだけでも楽しめるデザインなのも嬉しいですね。

クリオロ種のカカオが貴重なワケ

ブラック系のチョコレートにはなくてはならないものなのですが、カカオ豆の生産量の中で1割未満だけしか生産されていない貴重な素材。

なんでもクリオロ種のカカオは、病原菌に弱く栽培が困難なため、好んで栽培する生産者も少ないことが関係しているとか。

さらにマックスフェルクリン社では、ベネズエラにあるマラカイボ地方に限定して良質なものを使用して「ORANGETTE QUATRE(オランジェット キャトル)」が作られています。

生産工程から知ると、何となく親しみがわく気がします。

いろんな事情がありお店に並んでいると考えると、さらにプレミアムな時間を過ごせるかもしれないですね。

賞味期限は、約30日で要冷蔵の商品。

【LOUANGE TOKYO】ルワンジュ東京のシェフが講師になって登場?!

また「ORANGETTE QUATRE(オランジェット キャトル)」は、コニャックやブランデー、シャンパン、ワイン、カクテルにも最適。

かなり贅沢な気分に浸れそうですね。

ぜひおうち時間を過ごすために、コーヒーや紅茶など自分の好きなドリンクを選んで一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

六本木 LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)

〒106-0032

東京都港区六本木7-17-14-1F

TEL:03- 5412-7788

FAX:03-5412-7780

営業時間:11:00〜24:00(日・祝日:11:00〜21:00)

 

会員制 LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)

〒106-0031

東京都港区西麻布4-5-10 ザ・パークハウス西麻布レジデンス1F

TEL:03-5467-7889

FAX:03-5468-7890

営業時間:9:00〜23:00(日・祝日:9:00〜21:00)

テイクアウトでもOKな店舗。

いかがでしたか。

「 LOUANGE TOKYO(ルワンジュ東京)」では、素敵なオーダーメイドケーキを依頼することもできますよ。

オリジナルのスイーツでゲストを楽しませたい時に。おすすめなお店です。 

INFO/画像提供/ルワンジュ東京
URL:http://patisserie-lt.co.jp/fs/louange/c/shop