HafH(ハフ)Community 参加中

環境に優しいカフェ!スタバ「食品リサイクルループ認定」

人気のスタバから、環境に優しいお話。

スタバでは国内で初めて、食品リサイクルループ認定を取得しています。

これは普段カフェで飲んでいるコーヒー豆のリサイクルループが分かる仕組みです。

カフェ好きな人に、ホッとできる時間を提供しているスタバをもっと知りたい方へ。

今回は、スタバ初心者のための「スタバのエコな取り組み」をご紹介したいと思います。

Photo by quan le on Unsplash

コーヒー豆のかすは、どこへ行くの?

Photo by Samule Sun on Unsplash

このコーヒー豆のかすと言われるものは、コーヒーを抽出したあとに出るもので、本来は食品廃棄物となってしまいます。

それを有効に利用できるシステムが、コーヒー豆かすリサイクルループ。

一部の店舗を対象にしたもので、分別や水切りをし防腐処理をしたコーヒー豆のかすをチルドの物流で回収します。

そして牛の乳酸発酵飼料、野菜を育てるためのたい肥として再利用されているという仕組み。

さらに一部の店舗では、この飼料によって育てられた牛のミルクやたい肥で美味しく育った野菜を、店舗でサンドイッチなどの原材料となっています。

この一連の流れが、「食品リサイクルループ」です。

【スタバ認定】2014年3月から運用の食品リサイクルループ

Photo by Westwind Air Service on Unsplash

この食品リサイクルループは、農林水産省と環境省、厚生労働省の認定を受け2014年3月から運用されているものです。

食品リサイクル法に基づいて、食品関連事業者と再生利用事業者、農林漁業者がリサイクルの流れをつくり、国に申請をして初めて認められます。

資源を有効に再利用するといっても、いろんな企業などで事業を検討し、協力体制があってこそ認定されることがわかります。

コーヒーの豆かすには、研究の結果によると乳牛の健康や乳の品質向上のために必要な抗酸化物質が含まれているのだとか。

そして野菜を育てるために利用されるたい肥には、腐植酸という物質を含み、多孔質な構造があるので、野菜にとって良い環境の土となるようです。

店舗で実施されている「3R」

Photo by Darke Lv on Unsplash

 

店舗では、「リデュ―ス」・「リユース」・「リサイクル」(3R)が推進されています。

全国に店舗を持つスタバでは、年間に約1,000トンのミルクパックが排出されるのです。

そして、それはトイレットペーパーやティッシュペーパーとして、新たな資源となっています。

持ち帰るときなどのスタバのペーパーバッグには、認証紙が使用されています。

 認定紙とは

  • 法律や国際的な取り決めを行っているか
  • 多くの生物がすむ豊かな森か
  • 森の周りで暮らしている人や森で働く人に十分な配慮がされているか

これらの審査を通った森から木材を使用して、スタバの製品となっています。

スタバをおトクに利用して、環境にも優しい!

Photo by Darke Lv on Unsplash

店内では、マグカップやグラスでも注文をすることができますが、マイカップやタンブラー、水筒を持っていくと、税抜の本体価格から20円安くしてもらえますよ。

これからは、スタバにマイタンブラーを持っていく人が増えるかもしれないですね。

INFO/画像提供/スターバックスコーヒージャパン
URL:http://www.starbucks.co.jp/